在学生・卒業生の声

OBOG

東北アイスホッケークラブ株式会社
(フリーブレイズ)トレーナー

勝永 将史さん

スポーツ科学部 2015年3月卒

滋賀県立米原高等学校 出身

取得資格:日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー

憧れだった「プロのトレーナー」を自分の仕事に。

トップアスリートと共に成長できる環境。

高校時代にトレーナーをしている先輩と話す機会があり、そこで初めてアスレティックトレーナーという職業を知って憧れをもちました。そこで、資格を取得できて多くのトップアスリートがいる中京大学スポーツ科学部へ。意識の高い優れた選手と共に学べることは、トレーナーを目指すうえでもプラスになると考えての選択でした。
1年次に参加した「海外スポーツトレーナー研修」で、アメリカで活躍するプロのトレーナーと直に接し、「本気でトレーナーを目指そう」と強く決意。また、入学と同時にトレーナーサークルに所属しており、バスケットボール部のトレーナーを務めながら知識・経験を積みました。フィジカル面でパワーアップしたい選手、ケガをしながらも痛みを抑えて出場したい選手、あるいは大ケガからの復帰を目指す選手など、部内でトレーナーは日々必要とされ、多くを求められます。サークルの勉強会では他の部でトレーナーを務める仲間と情報を共有し、事例研究を重ねました。

スポーツ科学に基づいた多様な知識も不可欠。

大学の勉強は、トレーナー資格取得だけのためのものではありません。例えば栄養学やバイオメカニクスなど、幅広くスポーツ科学の基礎を学べたことは、さまざまな場面で活きています。また私にとって大学は、尊敬できる先生との出会いの場でもありました。先生の影響で学びを深める面白さを知り、今もトレーナーとしてどん欲に学び続けています。先生やトレーナーサークルの仲間とは今も連絡を取り合っており、気軽に相談し合える関係です。
現在、プロのアイスホッケーチームの専属トレーナーを務めています。コーチやスポーツドクターと連携し、選手の身体のケアのほか、リハビリテーションやパフォーマンス向上のためのプログラム作成・指導も実施。トレーナーとしてリーグ優勝に貢献していきたいです。また将来は、身体に関するスペシャリストとして、トップアスリートだけでなく一般の方々の体力維持増進にも携わり、アスレティックトレーナーの存在意義と活躍の場を広げていきたいと考えています。

2018年3月取材

このページを閉じる

  • 入試要項請求
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube