スポーツ科学部

スポーツマネジメント学科

スポーツマネジメント学科概要

「経済×経営×法」+「スポーツ」で、ビジネスエリートを目指す

経済学や経営学、法学をスポーツの観点から学修。各種スポーツ組織やイベントの運営管理、スポーツの普及やスポーツを活用した地域振興など、多岐にわたる領域で学びを深めます。

学びのキーワード

  • スポーツマネジメント
  • スポーツビジネス
  • スポーツマーケティング
  • スポーツプロモーション
  • グローバル・メディア
  • データサイエンス
  • 統計学
  • スポーツ組織経営
  • スポーツ法学
  • スポーツ社会学
  • スポーツ行政・政策
  • 国際開発
  • 地域開発/スポーツツーリズム
  • スポーツ環境
  • スポーツ施設管理 など

履修モデル

スポーツマネジメントモデル

スポーツ組織やスポーツ関連施設等の運営・管理についての理論と実践を学び、スポーツ事業の効果的、効率的な企画や運営に貢献する能力と資質を養います。

スポーツプロモーションモデル

スポーツの普及振興や地域活性化に関する知識や運営手法などを体系的に修得し、スポーツを活用した街づくりや国際協力等の現場において貢献できる知識と行動力を身につけます。

特徴的な授業

海外スポーツマネジメント事例研究

1年次の秋学期にスポーツビジネスにおける世界最大の市場であるアメリカを訪れ、スポーツビジネスの現場を実地に体験する研修を実施。プロスポーツチームやスタジアム、スポーツ用品流通業、自治体、大学などを訪問します。

スポーツマーケティング論

マーケティングの基本的な考え方・活動について理解し、スポーツ市場やスポーツビジネスを取り巻く問題や課題について考察します。
スポーツの特性を踏まえたマーケティングミックス・マーケティング計画・ブランドマネジメント・スポンサーシップ・消費者行動・消費者心理などをテーマとして取り上げます。

地域開発論/スポーツツーリズム

新たな産業として、また地域振興の手段として注目されるスポーツツーリズムについて、その歴史的発展と現状等を概観し、地域開発や振興という視点からその役割や今後の課題等について学修します。

※2021年4月設置。/内容は予定であり変更となる場合があります。

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube