スポーツ科学部

トレーナー学科

トレーナー学科概要

ベストパフォーマンスを引き出すトレーナーを目指す

主にケガの予防・ケガからの回復をサポートする「アスレティックトレーニング」と、身体を強くすることでスポーツ能力の向上を目指す「ストレングス・コンディショニング」の学びを用意。アスリート・指導者・トレーナーが密接に連携する多様なスポーツの現場で実践的に学び、アスリートのパフォーマンス発揮を支える人材を育成します。

学びのキーワード

  • アスレティックトレーナー
  • ストレングス&コンディショニング
  • トレーニング
  • トレーニングプログラム
  • スポーツコンディショニング
  • バイオメカニクス
  • スポーツ動作分析
  • 救急処置
  • アスレティックリハビリテーション
  • 解剖・生理学
  • スポーツ栄養学
  • 機能解剖学 など

履修モデル

アスレティックトレーナーモデル

運動による外傷や障害への対応に関する専門的な知識と、科学的根拠に基づいたトレーニング法や健康管理法を修得します。

ストレングス&コンディショニングトレーナーモデル

競技特性や選手のニーズを分析し、筋力、パワー、筋持久力、スピード、バランスなど、筋機能が関わる全ての体力要素の向上を目指すための計画、実践、指導能力を修得します。

特徴的な授業

海外トレーナー事例研究

1年次の秋学期にスポーツ大国アメリカに渡り、メジャーリーグやNFL、サッカー、ゴルフ、陸上などのトップレベルのアスリートが利用する施設で活躍するトップトレーナーから、世界最高峰のトレーニング理論と実践を学修します。また、スポーツ関連施設やスポーツチーム、スポーツエージェント(代理人)などの職場も訪問します。3年次には、1年次に訪問した海外のスポーツチームや指導施設にて、より主体的にトレーナー活動を行う授業も用意されています。

ストレングス&コンディショニング演習

アスリートの競技力向上、一般人の健康・体力づくりを目的に、トレーニングを包括的に指導するための理論と実践を修得します。
安全に配慮しながら、競技力向上、外傷・障害予防、健康増進等の目的に応じたストレングス&コンディショニングプログラムを立案できることを目指します。

トレーナーインターンシップⅢ

体育会各部や学外チームの練習、試合等のスポーツ現場でアスレティックリハビリテーションの指導を実践し、救急体制のマネジメントや選手育成等、チームへの指導的立場として総合的な実践経験を積みます。

※2021年4月設置。/内容は予定であり変更となる場合があります。

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube