在学生・卒業生の声

OBOG

愛知県教育委員会(小学校教員)

加藤 志のぶさん

スポーツ科学部 2015年3月卒

愛知県立刈谷北高等学校 出身

大学での知識・経験を活かして児童と向き合う。

体育教員を目指す者にとって最適な環境。

小学校時代から身体を動かすことが大好きで、高校までハンドボールに打ち込んできました。同時に、小学校の先生の影響でずっと先生という仕事への憧れがあり、大学進学に際しては教員になることを目標に中京大学スポーツ科学部を選びました。中学・高校の教員免許だけでなく小学校の教員免許の取得も可能なことが決め手でした。小学校教員を目指すクラスは選抜制のため、入学時から学科の勉強には力を入れていました。
大学の授業ではさまざまなスポーツの実技があり、オリンピックで活躍した先生からの指導のほか、各競技でトップクラスの選手である仲間にアドバイスしてもらいながら学べたのは、中京大学ならではだと思います。また、教職課程の授業は、指導案づくりや模擬授業など自分たちで考えて取り組む実践的な内容で、現在の指導の基礎になっています。

児童の笑顔を励みに、自らも笑うことの多い日々。

中京大学は教員志望の学生へのサポートが充実しています。教員採用試験前には、校長経験のある先生に面接や集団討論の練習、小論文の添削をしていただきました。同じ目標をもつ仲間たちの存在も心強かったです。教員になった人が多く、今も交流が続いています。
私が赴任した小学校は、全体の6割近くが外国籍の児童。日本語がわからない子もいるため、短く簡単な言葉を選んで、身振り手振りも交えてコミュニケーションを取るよう意識しています。大学でレクリエーション部に所属し、体操教室、キャンプ、学童保育などのお手伝いを通して子どもと関わってきたことが役立っていると感じます。6年生の担任を務めた際、卒業する児童から「授業がわかりやすかった」と手紙をもらい、保護者からも「ありがとう」と言っていただけたのは嬉しかったです。体育主任にもなった今、体育行事の際は自ら企画・提案を行うなど、子どもたちにとって良い環境づくりのため、積極的に仕事に取り組み続けます。

2018年3月取材

このページを閉じる

  • 入試要項請求
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube