在学生・卒業生の声

OBOG

名古屋鉄道株式会社

丹羽 悠美加さん

心理学部 2016年3月卒

岐阜県立岐阜北高等学校 出身

積極的に学び、経験して人生をより豊かに。

心理学部での日々が人生を豊かにする。

大学受験を前に「自分は何に関心があるのか」と考えた時、まっ先に浮かんだのは「人」でした。そこで、人の心理を学ぼうと中京大学心理学部へ。ここには、私と同様に人への関心が高く、人と関わることが好きな学生が多数在籍しています。友人たちのおかげで、自分が目を向けていなかったジャンルの本や映画を勧められてチェックしたり、アクティブなレジャーに挑戦したりと、経験の幅が広がりました。自分の世界に凝り固まることなく、人としての幅を広げられたと感じます。大学生活によって、私の人生は豊かになりました。また、心理学部では実験やデータ分析が不可欠で、1年次に統計学の基礎を学びます。仮説を立てて実験し、データに基づいて分析して結論を導き出す論理的思考力も養われます。これは恐らく、どんな仕事にも活用できるスキルでしょう。

チームの一員としての意識をもって働く。

心理学部の卒業生たちは心理の専門職だけでなく、公務員やさまざまな業界の民間企業で活躍しています。中京大学は就職支援が充実しており、私も心理学の知識を自己分析に用いながら学内セミナーほか各種のサポートを活用して就職活動を進めることができました。就職先は、公共交通を担う鉄道事業を中心として、沿線地域の活性化や再開発など、幅広く事業展開する企業です。そのため社内の業務も多岐にわたります。私は入社時、財務部に配属されました。財務に関する知識はほとんどありませんでしたが、知見を広げるチャンスと捉え、簿記テキストで独自に勉強したり仕事を通して理解を深めるなど、積極的に学びました。現在は総務部で、本社受付のほか各種契約書や社員用の乗車証チェックなどを担当しています。どの部署でどんな仕事をするにしても、人間関係が大切です。心理学部で身につけた人との関わり方や相手の気持ちを推し量る力を今後も仕事に活かし、成長し続けたいです。

2018年5月取材

このページを閉じる

  • 入試要項請求
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube