在学生・卒業生の声

内定者

大塚製薬株式会社 内定

田中 聡さん

経済学部 2018年3月卒

富山県立水橋高等学校 出身

取得資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(AFP

学生の将来のためのサポートがとことん充実。

学内のイベントをフル活用して業界研究。

私は高校時代には地方公務員になりたいと考えており、公務員試験に向けたサポートがしっかりしていて合格者数も多い中京大学を選びました。公務員採用試験対策講座も受講しましたが、徐々に、将来の選択肢の幅を広げようと考え始めました。そのため、3年次からの学内企業説明会にはほぼ毎回参加。中京大学を卒業して各業界で活躍する先輩方の話を聞くイベントや、内定を得た4年生の体験を聞くイベントを通して、将来自分が社会で働くイメージや、就職活動に向けて具体的に何をすべきかを学びました。
こうした数々のセミナー、イベントほか面接指導や就職に関する各種情報提供など、自分が就職活動をする立場になって、あらためて中京大学はサポートがしっかりしていて、学生の将来を考えてくれている大学だと感じました。また、総合大学のため、就職活動に限らず他学部の学生と交流する機会が多く、経済学部の視点とは違う意見に刺激を受けたり、視野を広げる助けになりました。

入学直後から就職を意識した視点を養う。

経済学部には、独自の科目である「キャリア・マネジメント」があります。この科目を通じて早期から就職を意識してきたおかげで、就職面接の際には、志望動機や自己PRをスムーズに語ることができました。また、「CMが企業の株価に与える影響」など、経済学部の学びを通して、それまで考えたことのなかった視点から社会を切り取ったり、考えてみたりすることができるようになりました。ここで身につけた基礎力をバネに、この先、私は営業社員として、顧客のことを考えた行動で営業成績ナンバーワンを目指します。
中京大学には、学生一人ひとりが成長できる環境が整っています。あとは、自分が本気になって、諦めずに最後までやるかどうか。自分次第です。

※AFP
アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー(日本FP協会認定民間資格)

2017年9月取材

このページを閉じる

  • 入試要項請求
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube