在学生・卒業生の声

内定者

愛知県庁 内定

長山 奈央さん

文学部 2018年3月卒

愛知県立豊田南高等学校 出身

取得資格:宅地建物取引士

「公務員になりたい」から「公務員になる」へ。

充実した学内講座を活用して勉強に励む。

本が好きだったことから、文学部への進学を考えました。中京大学を選んだのは、総合大学として多くの人と交流できることに加え、大学のブランド力や就職実績に惹かれたからです。入学前から「ずっと働き続けられる仕事」として公務員を意識しており、充実した学内の講座を活用して公務員を目指そうと決意。1、2年次はその準備として宅地建物取引士や行政書士の対策講座を受講して法律の勉強などに取り組みました。
講座では、他学部の学生とも一緒に学び、仲良くなれました。勉強に疲れた時や行き詰まった時など、愚痴をこぼして励まされたこともあります。先生も素晴らしい方々に恵まれ、試験対策の相談をしたり、論文の添削をしていただくなど、折々に助けられました。また、講座の仲間とは、一緒にボランティア活動も行いました。震災の被害を受けた東日本や熊本へ赴き、現地の被災者と交流したり、物資の仕分け作業を手伝ったりすることで、災害時に公務員としてできることについて考えさせられました。

良い仲間がいるから、お互いに高め合える。

学部では、幅広いジャンルの中から児童文学に興味をもち、卒業研究では新美南吉の作品を取り上げました。ゼミの仲間や先生からアドバイスを受け、発表当時と現在、私たちが手にする作品とでは一部が削除されているなどの違いから、時代性や地域性を探りました。ゼミでも、良き仲間・先生に恵まれたと感じています。仲間からは、ひとつのことをいろいろな角度から見て考えることの重要性や、協力し合うことの大切さを学びました。
中京大学は、意欲的な学生や知識豊富な先生方からいい刺激を受けられる学びの場です。公務員試験対策や就職サポートほか各種制度も充実しています。特に公務員試験対策は、経験した私の感覚として、学内の講座で手を抜かずに勉強すれば、他の対策を考える必要はありません。

2018年2月取材

このページを閉じる

  • 入試要項請求
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube