在学生・卒業生の声

内定者

東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社 内定

永井 京さん

文学部 2018年3月卒

愛知県立名古屋西高等学校 出身

歴史学を通して、考える力・伝える力を高める。

丸暗記する学びから、自分の頭で考える学びへ。

ずっと歴史が好きで「先生になりたい」という思いもあって、中京大学の歴史文化学科に第1期生として進学しました。新学科としてスタートするタイミングで、歴史を学ぶ意欲に満ちた仲間たちに恵まれたことは幸いでした。学科の授業の中では「古文書読解入門」が特に印象深いです。古い文献を開き、当時の人々の暮らしぶりについて自分なりに順を追って考えていくもので、授業を通してあらためて「大学の学びは、試験のための暗記ではなく、自分の頭で考えるものである」と認識しました。歴史文化学科では発表の機会が多くあり、ポイントを絞って伝える力や、相手の話を聞く力が身につきました。また、学科の枠を超えて文学部の他の学科の授業を受講することができるため、例えば言語表現学科の授業を通して“伝える力”について考えるといったプラスの刺激を受けられました。

営業として、お客様との信頼関係を築きたい。

先生方は普段から話しやすい雰囲気で、学生との距離感が近いのは、意外な驚きでした。私は卒業論文で浮世絵の衣装などから見た女性について研究しましたが、参考文献や視点・論点について質問・相談にのっていただきました。また、先生からは情報の出所や参考文献の出典確認など、情報管理について指導を受け、ネット情報を鵜呑みにしない姿勢を教わりました。こうした姿勢は社会人となってからも求められるものです。
大学生活を通じて、営業など人と話して信頼関係を構築する仕事に興味をもつようになり、金融業界を志望するようになりました。就職活動に際しては、キャリア支援課のサポートが大きかったです。学内セミナーでは大学にいながら多くの企業と接することができ、面接対策などのアドバイスもいただけました。金融業界では、お客様から信頼を寄せられる“人間力”が求められると思います。大学で高めた“自ら考える力”や“伝える力”を活かして、社会人として成長していきたいです。

2018年2月取材

このページを閉じる

  • 入試要項請求
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube