在学生・卒業生の声

距離カメラによる物体認識の研究

「問題解決のための能力」は社会に出て重要な能力。それを高めるため、大学院へ進学することは良い選択だと思う。

PROFILE

中京大学工学部

機械システム工学科

情報科学研究科
情報認知科学専攻

知的センシング研究室

 

※新学部学科名称にて記載

(愛知県立西尾高等学校 出身)

秋月 秀一さん

ロボットへの興味から、ロボットの「眼」の研究へ。

中京大学工学部を選択した理由を教えてください。

もともとロボットに興味があり、当時「機械情報工学科(現機械システム工学科)」が目に止まりました。「機械」というハードウェアと、「情報」というソフトウェアの両方が学べるということで、好奇心旺盛な私にとってぴったりだと思い、受験しました。橋本先生の「センサ工学」の講義で、最新のセンサとして距離カメラを見せていただき、距離を映像としてとらえることが、当時の私にはとても不思議な現象で印象的でした。原理などをもっと詳しく知りたくなり、先生の研究室に伺ったことを覚えています。ここなら楽しく研究できそう!と思い「知的センシング研究室」を選択しました。

秋月さんの研究テーマは何ですか?

学部生時代から一貫して、画像の中から目的の物体を見つけるための物体認識と呼ばれるジャンルに取り組んでいます。現在は物体の位置を見つけるだけでなく、物体が持つ機能まで理解することのできる視覚機能の研究をしています。位置を見つけるだけでなく、機能まで理解できると、人間のように物体を見つけ、掴み、操作することができます。この機能が実現できれば、人間を手伝う生活支援ロボットへの応用も可能です。

やりたいことへの最短ルートが、博士課程への進学でした。

大学院へ進学しようと思った理由は?

当初はエンジニアとして企業で働きたいと考えていました。しかし、学会発表などで他大学の学生と話すうちに、工学分野では、大学院への進学が前提になっていることを知りました。同じ志の他大学生たちが、進学して実力をつけている現状に、私も進学したいと思うようになりました。初めての学会発表では研究奨励賞をいただき、充実感を感じられるようになりました。このような体験から、研究をもっと突き詰めていきたいと思ったことも進学のきっかけになっています。

修士課程からそのまま博士過程へ進学しようと・・・。

修士課程卒業後には就職を考えていました。しかし、修士課程での研究がとても楽しく、研究職につきたいと思うようになりました。そして、せっかく仕事にするなら今まで取り組んできた画像処理の研究をおこないたいと考えました。この希望を叶えるには、今の研究テーマで博士号を取得することが最短ルートだと思いました。また、修士課程時代に、初めての海外での学会発表や学術論文誌への掲載、さらにはいくつかの表彰を受けたこともあり、それまでは漠然としていた最先端の研究への手応えを感じるタイミングがいくつかありました。これも博士課程進学への決め手となりました。

日々の研究から掴み取るうれしい体験もあります。

「アマゾンピッキングチャレンジ」に出場されたとのことですが・・・。

アメリカの「Amazon.com」主催による、倉庫にある商品のピッキング作業を自動化するためのロボットシステムの大会です。オーダーされた商品を、棚の中から間違いなく見つけ出す「画像処理技術」と、それを確実に取り出す「ロボット技術」の総合力が競われます。東京大学やマサチューセッツ工科大学、カーネギーメロン大学など工学分野で世界最高峰のチームが参加する中、中京大学は、中部大学、三菱電機との共同チームで、第1回6位、第2回8位という結果でした。素晴らしい研究成果をあげているチームと競えることはとても光栄でしたが、同時に非常に悔しくもあり、次回も開催されるのであれば、ぜひ出場して優勝を狙いたいと思っています。

日本学術振興会の特別研究員に採用された感想を聞かせてください。

文部科学省の外郭団体である日本学術振興会は、学術研究の助成や、研究者養成のための資金支給をおこなっています。採用枠が限られており、特別研究員の応募では、研究計画とこれまでの研究業績の両方が認められなければいけません。しかも8割以上は国立大学出身者という中で採用していただいたので、非常に嬉しく思っています。特別研究員に採用されることは、私の研究に国の科学研究費補助金が投入されるので、身が引き締まる思いです。良い成果を出せるよう、精一杯取り組みます。

辛さと楽しさを繰り返しながら、これからもずっと研究を続けていきたい。

秋月さんにとって研究の醍醐味とは?

思っていた通りに結果が出ないときはとても辛いです。思いついたアイデアが、実際は他の研究者によって既に実現していたりするとがっかりします。しかし、自分の考え方の方針は間違っていなかったということでもあるので、その他人の研究に励まされることもあります。成果が出た時はもちろんうれしいですし、辛いことの後にあるからこそ、楽しさは何倍にも大きくなります。

今後の目標について教えてください。

博士課程を出たらより一層研究を深め、新しい研究分野を作り、一流の研究者になりたいと思います。そして、いつか最先端研究の指導者として中京大学に戻り、研究や教育を通じて、学生たちに研究の楽しさを伝えていきたいです。

最後に、高校生の皆さんにメッセージを!

大学は社会で活躍するための能力を高める最後の助走期間です。工学部では3年生から研究室に配属され、より実践的な内容に取り組めます。自分だけの研究テーマを持って1年間取り組む機会はそうそうありません。納得するまでとことん取り組み、成長してほしいと思います。研究活動によって「問題解決のための能力」が身につきます。これは社会に出て仕事をする時にも重要な能力であることは明白です。問題解決能力を高めるための期間として、修士課程でより高度な研究を続けることは良い選択だと思います。大学は自主性を求められます。能動的に動けばたくさんのチャンスが転がっています。ぜひその機会を貪欲に活用して、希望の就職先を決めてください。研究が性に合っていたら、修士課程さらには博士課程への進学もお勧めします。

知的センシング研究室

担当教員 :橋本学教授

知的なセンシング技術と、そのロボットへの応用技術の開発に取り組む。現在は、産業界のニーズに応えるため、「超高速の物体検出」「ロボットのための3次元物体認識」「ヒューマン認識」の3分野の研究に注力している。

2016年7月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • facebook
  • LINE