新時代の体現者たち

HUMAN SKILLS

確信力

結果を確信すること。
その思いで、今、挑む。
新たな結果とは。

法学部 法律学科 4年

青柳 裕大さん

Yuta Aoyagi

自ら学び進めることの楽しさを学んだ4年間。
努力の先に「労働基準監督官合格」を掴み取った。

向学心に火がつき、資格取得やボランティアにチャレンジ。

高校生の頃から公務員に憧れていました。公務員になるための一番の近道はなんだろうと考えて選んだのが、中京大学の法学部です。国家公務員総合職への合格者を輩出するなど、その高い実績が魅力でした。『労働法A・B』という授業では、公務員試験対策に直結する知識を学ぶことができ、さらにゼミなどで論理的な思考力が磨かれました。多くの力を得ることができた大学4年間でしたが、特に印象に残っているのは、1年次に挑戦した宅地建物取引士の試験です。対策講座の先生が学習法もあわせて教えてくださったことで効率的に知識が身につき、「もっと勉強していろいろなことを知りたい」という思いが芽生えました。自ら学び進めることが面白く感じられるようになる中、無事、宅地建物取引士の試験に合格。自分なりの学習方法を身につけられたことが大きな収穫でした。また、この対策講座の先生から「東日本大震災の復興はまだまだ進んでいない」とうかがったことで被災地の現状を見てみたいと思い、2年次には宮城県女川町(おながわちょう)での復興支援にも携わりました。ボランティアスタッフの一員として現地の人々と関わった経験は「物事の最前線で活躍する公務員になりたい」という将来像を描くきっかけとなりました。

「結果がすべて」と自らに言い聞かせ、努力を重ねる日々。

講座では多くの公務員の方と出会い、お話を聞く機会がありました。その中で知ったのが「労働基準監督官」という仕事です。従業員と雇い主、双方にとっての健全な職場環境を保つためにあらゆる職場に立ち入り、労働条件などを調査する厚生労働省の専門職員で、案件ごとに新たな出会いがあり、人々と関わりながら任務をまっとうできるところに惹かれました。この職に就きたいという思いが募り、明確な夢となりました。勉強場所はいつも中京大学にある弘道塾。毎日この自習室で同じ夢をもつ仲間と共に勉強を続けてきました。こうして4年間努力を続けた結果、念願だった労働基準監督官の試験に合格し、採用という最高の結果を得ることができました。しかし、まだまだスタートラインに立ったばかり。すべての人にとって「働くこと」をより良いものにするため、常に中立的な立場でさまざまな問題に立ち向かっていきたいと思います。大学時代に意識し続けた「結果がすべて」という姿勢を、これからも体現していきます。

※難易度の高い国家公務員試験などの合格を目指す学生をサポートする施設。公務員対策講座内で随時行われる選抜試験(入替制)上位者には自習室を提供しています。

2017年9月取材

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube