入試情報・学費・
奨学金

2020年度高大接続入試の講評

2020年度 高大接続入試【事前体験型】
経営学部の講評

事前体験型講義

事前体験型講義は、8/7(水)に100分の講義を3コマ開講しました。講義は経営学部の重要な分野である3つ(企業・戦略、組織・管理、会計・財務)に分かれており、各講義でレポートの作成を課しました。
講義内容は経営学部の1年生を対象としたレベルに設定し、座学が基本となりますが、ペアワーク等も実施しました。
講義後に実施したアンケートでは、大部分の受講生が経営学について理解できたと回答しており、後輩に本講義の受講を勧めたいと回答しました。勧めたいと回答した受講者の主な理由としては、「大学(中京大学)の雰囲気がわかる」「経営学部がどのような学部か知ることができる」「合格のチャンスを増やすことができる」などがありました。

選考

事前体験型講義を受講することで受験資格が得られ、本入試では、事前体験型講義の際に課したレポートと11/16(土)に実施をした小論文、面接(口頭試問)で総合判定を行いました。
小論文では、国外企業の経営・働き方に関する論考を読み、「未来の会社像」についての意見を問いました。
面接(口頭試問)では、事前体験型講義での内容や大学入学後の学習計画について重点的に質問しました。

まとめ

高大接続入試【事前体験型】経営学部は今年度から始めた新しい入試方式です。この入試の特徴は、大学に入学する前に講義を受け、「経営学を学ぶとはどういうことか」を実感してもらったうえで、受験ができることです。学びの目標を明確にした上で、中京大学経営学部を受験してほしいと考えています。

経営学部ページはこちら

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube