国際英語学部

国際英語キャリア専攻

全国初・翻訳ソフトの実践授業

201611月にSDL社のホームページにて中京大学の事例が紹介されました

今年度の翻訳支援ソフトの使用方法を学ぶ授業は学生の受講希望が殺到し、受講者は昨年の5名から20数名(受講制限のため)となったことや、翻訳業界における意義などが紹介されています。

紹介記事はこちらから

20161月に認定授与式を開催

翻訳支援ソフト認定試験に全員合格

国際英語学部国際英語キャリア専攻の2年生5人が、翻訳支援ソフト「SDL Trados Studio認定」の初級にそろって初合格しました。
5人は今年度開講した専攻固有科目「翻訳とIT」「ビジネス翻訳実務」において、国内のプロ翻訳家の約9割が使用するSDL社(英国)の翻訳支援ソフトの使用方法を学び、昨年12月に初級コースのオンライン試験を受けていました。1月7日(木)にSDLジャパン・シニアセールスエグゼクティブ佐藤弦氏が同席して授与式が行われ、科目担当の寺川徹講師(SDL社公認インストラクター)、国際英語学部のジェームズ・F・ダンジェロ専攻主任、コーディネーターの中川直志教授らから、修了書が5人全員に授与されました。
初級では、製品のマニュアルやホームページのコンテンツ、特許申請書といったビジネス文書を翻訳する実務翻訳業務の基礎を学びます。修了書を手にした安藤万那さんは「パソコンを使った翻訳がどのようなものか関心があり受講したが、直訳ではなく、相手にわかりやすく訳すことの大変さや奥深さを知ることができた」と振り返っていました。
中川教授は「全員合格は一般企業等の一斉試験でも珍しいと聞きました。今年度は長期留学者が多く履修者が少なかったですが、講義の評判は極めて良かったです。3年生も受講可能となる2016年度はもっと多くの学生に資格を取ってもらいたいと考えています」と話していました。

2015連続講義の第一回が終了

TRADOSコース修了証が授与されました。

2014年7月5日(土)に行われた「国際英語学部国際英語キャリア専攻開設記念講演会・シンポジウム」では、プロ向け翻訳ソフト「SDL TRADOS STUDIO」の活用法を実践的に学修する日本初の授業や、「国際言語管理アソシエイトプロフェッショナル」資格の取得を目指す授業の実施が発表されました。

2014国際英語学部国際英語キャリア専攻開設記念講演会・シンポジウム

2014年7月5日(土)に行われた「国際英語学部国際英語キャリア専攻開設記念講演会・シンポジウム」では、プロ向け翻訳ソフト「SDL TRADOS STUDIO」の活用法を実践的に学修する日本初の授業や、「国際言語管理アソシエイトプロフェッショナル」資格の取得を目指す授業の実施が発表されました。

  • 専攻主任挨拶をするジェームズ・F・ダンジェロ教授

  • シンポジウムの趣旨を説明する中川 直志教授

標準翻訳支援ソフト「SDL TRADOS STUDIO」

「SDL TRADOS STUDIO」は現代の翻訳業界における必須ツールとして広く普及している翻訳支援ソフトです。海外において、実務翻訳を専門的に学修する専攻等の存在は珍しいものではなく、SDL社と提携する講座を設けている大学も多数ありますが、日本においては、中京大学国際英語キャリア専攻が全国で初めてのケースとなります。
翻訳業務において、訳語には数多くの選択肢が存在します。「学生が翻訳能力を高めるにはとにかく数多くの訳と出会い、経験すること」。「SDL TRADOS STUDIO」では過去の翻訳データベースから複数の訳語の候補を参照することもできるため、学修を通じて様々な訳語と出会いその意味を考えることによって言葉に対する感性を高めることができます。
さらに現在では「SDL TRADOS STUDIO」の使用経験を求人の条件とする翻訳の案件が非常に多く、同ツールの使用経験は翻訳業界において大きな武器となります。

  • 「翻訳能力を高めるにはとにかく数多くの訳と出会い、経験すること」と語ったSDL社の佐藤 弦氏

今後への期待

翻訳業務に求められるスキルは英語の語学能力や日本語の文章構成力だけではありません。その他に「場にふさわしい訳を生み出す思考力」と「なぜその言葉を用いて訳したのかについて説明責任を果たす論理性」なども求められ、これらを併せ持ったプロフェッショナルになることが期待されます。
「SDL TRADOS STUDIO」を用いた翻訳ツールを用いた実践的授業に加え、国際コミュニケーションマネジメントをつかさどるグローバル人材としての資格「国際言語管理アソシエイトプロフェッショナル」の取得を目指す授業が開始されます。これらの導入により、真の「言葉のプロフェッショナル」育成を掲げる国際英語キャリア専攻の今後に大きな期待が寄せられます。

  • 国際言語管理について語る
    元国際英語学部学部長の吉川 寛氏

  • 実務翻訳者としての経験を語る
    ラルフ・A.・シューマッハ氏

  • 中村 泰洋氏は実務翻訳者のキャリアについて紹介した

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • facebook
  • LINE