在学生・卒業生の声

内定者

株式会社CBCテレビ 内定

平岩 莉央さん

総合政策学部 4年

愛知県立大府東高等学校 出身

プロジェクト研究の学びを糧に、
中学時代から目指していた放送局への就職を実現。

地元のケーブルTV局に職場体験で訪れたことがきっかけで、中学時代よりマスコミ業界を強く志望してきました。当時の総合政策学部パンフレットに「研究テーマは、卒業後のあなた」という一節があり、この言葉に触発され、目指す社会人になるための勉強をしようと入学を決意しました。入学直後、のちに選択を決めたプロジェクト研究の教授が担当する講義で、就職活動まであと何日かを問われ、「0日」という答えにハッとしました。学生生活の全てが就職活動に直結すると気づかされ、身の引き締まる思いでした。1年次で基礎的な学びを進め、2年次からは、マーケティングを中心に履修し、企業とコラボレーションし商品開発を行うプロジェクト研究を選択しました。

社会人の基礎を学べた、プロジェクト研究。

3年次に山崎製パン株式会社と中京地区の大学が産学連携でパン菓子の企画開発を行う「キャンパスランチパック」プロジェクトに参加。中京大学らしい商品開発をするために、私はリーダーとして、1人100個のアイデア出しに始まり、提案書の作成、プレゼンテーション、商品化、そして販売まで、役割分担を指揮しながらチームをまとめ、全力で取り組みました。しかし、ある時先生から教えられた「企業の方からのメールには必ず24時間以内に返信するように」というビジネスマナーを、私はリーダーでありながら怠ってしまい、自分の至らなさに対して叱責を受けました。プロジェクト研究を通して、社会人と接する機会を多く持ち、細かく先生に指導して頂いたことが、就職活動に大変役立ちました。

自分たちで考え作り上げる、その達成感を社会でも。

私たちのランチパック案は高い評価を得て、中部地区6,000店舗で期間限定販売されました。発売時にはPRのためTV出演なども体験。ビジネスの厳しさやスケジュール管理の大切さ、スピード感など、多くのことを学んだ貴重な経験でした。TV局の総合職を第一志望に就職活動を進めるにあたり、「一緒に働きたい」と思ってもらえるよう、常に努力してきました。プロジェクト研究や就職活動の面接の際には、常に「自分の価値を自分で作る」ことを重視してきました。志望局の内定を得て思うことは、「あなたがいてくれてよかった」と言われるような存在になりたいということ。将来は制作プロデューサーを目指して頑張っていきたいと思っています。

 

※プレゼンテーション
研究成果、作品、計画提案、開発商品などを聴衆に対して発表し、アイデアや情報を伝えること。
理解・納得を得るためには、簡潔でわかりやすい説明、見やすい資料提供などが求められる。

2014年6月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • facebook
  • LINE