在学生・卒業生の声

学部の学び

スポーツ教育学科

高橋 萌衣さん

スポーツ科学部 3年

愛知県立五条高等学校 出身

さまざまな体験や学びを活かし、教員を目指す。

目標をもって意欲的に学べる環境。

「先生になりたい」とずっと思ってきました。中京大学はこれまで多くの学校教員を送り出してきた実績があるのに加えて、小学校の教員免許状を取得できる点にも魅力を感じて進学を決めました。
小学校教諭免許状取得プログラムは選抜制なので、上位の成績を保つため、大学入学後も気を緩めることなく学業に力を入れました。このプログラムは、通常のカリキュラムに加えて授業を取る必要があるため大変です。しかし、目標に向かって自発的に取り組む勉強は苦になりません。スポーツ教育学科には同じ「教員になる」という夢をもって努力している仲間が周りに多くいるので、互いに励まし合え、心強く感じます。また、スケートやラグビーなど、高校までは接する機会が少ないスポーツを経験しながら学べるのも、中京大学のスポーツ科学部ならではの面白さです。

大学生活の一つひとつが将来につながる。

大学では「部活動も頑張ろう」と考え、経験したことのないラクロス部に入部しました。他の部員も私同様、ゼロからのスタートで練習に励んでいます。練習メニューは自分たちで考えます。毎回の練習前にメンバーの前で自分の思いを話す「伝えるタイム」を設けており、部員同士の連携を強めるのと同時に、考えていることを人前で話す良い機会になっています。
私はボランティア活動にも力を入れています。不登校の中学生を対象に学修サポートをする活動で、自分たちの時代とは違う今の子どもたちとどう接して授業をつくっていくのか考える良い機会となっています。
濃密な大学生活を通して、時間の使い方を意識して行動できるようになったのは大きな成長のひとつです。また、いろいろな人と接する中で、相手の良い面に目を向けたり、自分の感情をコントロールして応対できるようになったのも、教員を目指す自分にとってプラスの変化だと感じています。中京大学は学生へのサポートが充実しているので、教員採用試験対策講座等を活用して、将来につなげたいです。

2019年4月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube