HOME > 学部紹介 > 現代社会学部 > 現代社会学科 社会福祉学専攻

現代社会学部 現代社会学科 社会福祉学専攻

履修の流れ

1

社会福祉学の
思想・哲学・価値の理解
2

人間理解と基礎的な知識、
実践方法の修得
3

4

現場体験による実践力と
分析力の修得
社会福祉学の思想・哲学・価値が、一人ひとりの「いのちと暮らし」を大切にし、経済活動や法制度、市民活動などの社会の骨格となっていることを理解する。 児童、高齢者、障がい者などの領域に関する知識を修得し、実習・演習による体験的な学びを通じて社会福祉学の基礎的な知識、実践方法を身につける。 1・2年次の学びを福祉現場で実体験し、理論と実践の融合をはかる。卒業後の進路を見定め、専門職としての知識と技術を修得する。
※国家資格である「社会福祉士」にも対応。

幅広い領域の学び

あらゆる人のいのちを守り、生活を豊かにする社会の構築を目指し、社会学や心理学、文化人類学などの学際的な手法も取り入れながら、共生のためのつながりをつくる仕組みづくりに挑戦。介護や保育、さらには災害支援など多様なフィールドでの実体験を通して、社会を読み解く分析力、解決の方法を創りだす企画力、課題解決に向け活動する実行力を養い、福祉専門職としての実践力を獲得します。

地域連携活動への参画

多彩なゼミ活動をベースに、地域と連携したさまざまな福祉関連プロジェクトやボランティア活動に参画することができます。援助を必要としている人たちとの対話や、支援活動を行うさまざまな人びととの交流を通じて、自分にできること、すべきことを発見していきます。

活動例

地域ともいきプロジェクト/教育と福祉プロジェクト/ほっかほっかプロジェクト

3つの科目群と実習・演習

フィールドワークを重視し、理論と実践を融合

いのちを守り、生活や人生を豊かにする「福祉の思想・哲学・価値」の理解を目指す科目群とともに、その実践に必要な「科学的な知識・思考」と「援助方法・技術」の獲得を目的とした3つの科目群で構成し、理論と実践の融合をはかります。少人数による実習・演習の充実により、支援を必要とする人たちを理解し、行動するチームワークを育てます。

国家資格「社会福祉士」への対応

「社会福祉士」の受験資格を得るために必要な科目を開講。資格試験対策としての全体指導、個別指導、模擬試験等を実施するとともに、個別学習カウンセリングを実施。教員がFACE TO FACEで対応する少人数クラス編制により、福祉専門職の国家資格である「社会福祉士」の全員合格を目指します。

Achivement学習・研究活動一覧はコチラ

名古屋キャンパス

〒466-8666 愛知県名古屋市昭和区八事本町101-2
TEL 052-835-7170(入試センター)

豊田キャンパス

〒470-0393 愛知県豊田市貝津町床立101
TEL:0565-46-1211

  • 資料請求はこちら