現代社会学部

学びの特徴

フィールドで発見した課題の解決に向けて、
新しい社会のあり方を構想し、その実現に自ら挑む

1年次より各専攻の基礎を学びつつ、フィールドワーク、社会調査、データ分析を通して、現代社会が抱える課題の原因と背景を探ります。2年次から始まるゼミ研究では、収集した実証データをもとに、個別のテーマで課題解決に向けた社会構想を練り上げ、提案・発表によって社会に発信します。さらに、自らの構想に基づいた活動や研究を展開。この実践結果の検証と改善、再挑戦を繰り返すことで、社会学研究のみならず、社会人に求められる高度な課題解決力、交渉力、情報発信力を身につけます。

◆現代社会学部の実践型研究

4年間を通じて、学部独自のキャリア支援を展開

社会には今なお、さまざまな課題が存在しています。その本質を明らかにし、解決に向けて取り組むことが、現代社会学研究の使命です。また、あらゆる職業人に求められるものも、それぞれの職場における課題に主体的に取り組み、解決する姿勢や能力です。現代社会学部では、こうした学部研究と社会における課題解決過程の同質性に着目。学部カリキュラムの中で、学生が将来の目指すべきキャリアを構想し、その実現に向けた挑戦を支援することで、生涯にわたるキャリア形成に必要な力を育成していきます。

キャリア構想フローでは、キャリア形成の重要性を早期に学びとりながら、必要なものを多様な研究フィールドでの実践を通じて得られるよう、大学4年間を通じた独自のキャリア支援を展開していきます。

◆キャリア構想フロー 〈4専攻共通〉

現代社会学部在学生・卒業生の声

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube