工学部豊田キャンパス

情報工学科

情報工学科概要

情報工学のスペシャリストとして新しいライフスタイルを追求する

自動車は情報工学技術のかたまり

例えば「自動車」。コンピュータよりも半世紀早く誕生したガソリン内燃機関は、今もその基本的な機構自体は変わらないものの、現代のカーメーカーは、より燃焼能力を高める燃料噴射制御や、路面状況やドライバー、交通環境の変化に応じて走りをコントロールするコンピュータ制御技術などのシステム開発に心血を注いでいます。自動車とはいえ、すでにそれは情報工学技術のかたまりなのです。

進化を続ける高度な知識を持ったコンピュータシステム

人に代わって機械を精緻に制御するコンピュータの出現によって、テクノロジーは飛躍的に向上しました。さらに、パソコンやスマートフォン、カーナビなどさまざまな情報機器の誕生が、暮らしや経済を一変させました。いわゆる情報革命です。そして今なお、コンピュータは、ネットワークで結ばれ、より高度な知能を持ったシステムへと進化を続け、あらゆるテクノロジーの開発に欠かせない基盤となっています。

情報革命をリードする技術者(エンジニア)の育成を目指す

情報技術の利用があらゆる産業分野に裾野を拡げた今、情報エンジニアがコンピュータの知識だけを売りものにする時代は終わりました。社会の求める人材は、ものづくりや新たなビジネスモデルの考案・構築など、あらゆるプロジェクトの中心で活躍できる情報技術のスペシャリスト。情報工学科では、1年次、2年次において、プログラミング技術を徹底的に修得した上で、コンピュータシステムに関する基本的な技術から、ネットワークロボットへの応用技術までを幅広く学びます。さらに、プロジェクト研究を通して、情報エンジニアとして専門性と実践力を獲得します。

履修モデル

コンピュータ技術・モデル

プログラミング技術に精通した情報エンジニアとして、必要なプログラミング言語、多様なプログラミング手法やアルゴリズム以外に、ハードウエアに関する知識も修得します。

主な開講科目

C言語、C++言語、Java言語、ディジタルシステム設計、オペレーティングシステム、コンパイラ論、オートマンと言語理論

システム・ソフトウェア・モデル

急速に変化するシステムやソフトウェア開発環境、多様なコンピュータ言語にも対応できるよう、プログラミングの基礎理論を理解すると共に、システム開発技法も修得します。

主な開講科目

ソフトウェア工学、データベースシステム、最適化工学、組込みアーキテクチャ、人工知能、数値解析学

ウエブ・ネットワーク・モデル

高度なWEBサイトの構築に必要な知識・技能を修得。また、LANやWAN、イントラネット、クラウドなどの多様なネットワーク応用システムの構築に必要な素養を身につけます。

主な開講科目

コンピュータネットワーク、ウエブ工学、情報と通信の理論、画像処理、暗号とセキュリティ

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • facebook
  • LINE