法学部

法実践プログラム LPP

法実践プログラム(選抜制)
LPP:Legal Practice Program

第一線の現役実務家を講師に、実践を想定した授業を展開。

法についての知識と素養を実際に「使える場」を想定した法教育プログラムを選抜制により実施。実務家(国家公務員・地方公務員・弁護士・NGO/NPO構成員など)と連携しながら、現代社会のさまざまな課題解決を目指した先進的な授業を展開します。

事例紹介

法実践演習Ⅰ

プロのテクニックで勝ちにくる
現役弁護士と模擬法廷で本気の対決!

法実践演習Ⅰ
(民事法)

プロの法律家である現役弁護士と訴訟形式で模擬裁判を行うことなど通して、法律を能動的に使いこなす方法を学ぶ授業です。

クライマックスは、現役弁護士と訴訟形式の対決をする最終日の模擬裁判。学生は、関連法の理解、相手方主張のシミュレーションや攻略法の模索など、1ヵ月以上かけて必死に準備します。練り上げた作戦で挑み、想定外の展開にも柔軟に対応する学生。プロのテクニックで勝ちにくる弁護士の先生。まさに真剣勝負です。ここで学生は「法律を使う」ことの真の意味を学び、大きな自信も手に入れます。

法実践講義Ⅱ-2(国際関係)

待ったなしの現実、難民問題。異なる立場のプロの話をどう考える?

法実践講義Ⅱ-2
(国際関係)

日本の国際的な問題を、現場の最前線にいるさまざまな外部講師の講義を交えて学びます。たとえば難民支援の問題。難民支援NGO構成員から入国管理局に収容されている難民申請者の厳しい状況を聞く一方、入国管理局関係者からも話を聞くことがこの授業の大きな特徴です。対立する複数の立場から現場の実態を見ることで、自分の意見を持ち、持論と対立する情報も踏まえた説得力ある議論ができるようになります。

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube