HOME > 学部紹介 > 文学部 学部概要
学部DATAキャンパス名古屋キャンパス在学生 878名(男341名 女537名)

文学部 学部概要

体験と実践を通して 世界とつながり 未来へつなぐ新しい日本文化の学び

今日、国際化や情報化の急速な進展によって、多様な個性と文化的背景をもつ人々がさまざまに交流しあう時代が訪れています。中京大学文学部では1966年の開設当初から、「世界の中の日本文化」を意識した研究・教育を進め、日本文化の多面的な価値の発見と発信に努めてきました。
2004年には、日本文化の基盤である「日本語」に着目した学部として、世界文学の中での日本文学の特質解明を目指す『日本文学科』、日本語表現の理解を前提に自らの意志を豊かに表現する能力の獲得を目指す『言語表現学科』の2学科を設置。そして2014年4月には、歴史研究を通じて日本文化の継承と創造を目指す『歴史文化学科』を加え、歴史研究、文学研究、表現研究の3つのアプローチによって日本文化を多面的に研究する体制が整備されました。

行動と実践を通して、社会を生き抜く力を身につける。

各学科の学びは、単なる鑑賞力の養成や歴史知識の獲得にとどまりません。学生はときに教室の外に飛び出し、作品の行間に潜む風景や文化的背景を探ったり、地域の人との交流から歴史の断片を発見したりしていきます。こうした行動と実践を通して、日本文化の今日的な価値の発見に努め、自らの歴史観やアイデンティティ、伝統や文化に対する新たな視点を獲得します。
さらに、自分の考えを他者に向けて発信し、地域文化の継承と創造にも挑戦することが求められます。こうした学びを通してあなたは、多様な情報を収集する力、課題を発見する力、自らの考えを整理する力、それを発信して理解を得る力など、社会を生き抜く上で最も大切な力を身につけていくことでしょう。

学部内連係

3つの学科が連携し、研究活動の幅を拡大

歴史文化学科の古文書読解

歴史文化学科では、日本文学科・言語表現学科との連携のもと、歴史的文献の解読力向上のための講義や大学が所蔵する現物史料を用いた古文書講義を開講。
また、課外現地史料調査・見学などを通じて、実際の古文書や古書に接し、歴史調査の基礎となる文献読解力を着実に身につけます。

■古文書学・調査と記録の方法(歴史文化学科教員担当)/図書の世界(日本文学科教員担当)/書道史・書学・書論(言語表現学科教員担当)/古文書読解入門(歴史文化学科教員担当) など

「日本文学科」「言語表現学科」2学科間ではとくに相互に多くの科目が履修可能

日本文学科と言語表現学科では、相互の科目を選択科目として履修可能であり、卒業に必要な単位として認定されます。これにより、日本文学科の学生は自分の考えを適切に表現するための知識を得られ、言語表現学科の学生は表現しようとするもの自体についての深い教養を得ることができます。

■「歴史文化学科」と「日本文学科」「言語表現学科」との間にも共通の科目が多くあります。

文学部学生研究会

学生主体の自主的な研究会が活発に活動

文学部では授業とは別に学生有志による自主的な研究会が複数活動しています。上代文学研究会から近代文学研究会まで各時代ごとの研究会、広告研究会、演劇研究会、古文書読解研究会、民俗学研究会など、活動内容はさまざま。毎年11月には、 研究会の活動成果を発表する場として合同発表会を開催。また、活動の一環としてスポーツ大会や懇親会なども開催し、学年や学科の枠を超えた交流の場ともなっています。2014年度は、4つの研究会が合同で「歩きスマホ防止広告の製作」「『”文学少女”』シリーズと読者」などのテーマで研究発表会を行いました。また、演劇研究会がこれにあわせて演劇「雪のふる街」を公演しました。

幅広い分野で活躍

日本文学の専門知識と思考力を身につけ幅広い分野で活躍

研究等を通して、思考力や問題解決能力を身につけ、国語科教員や社会科教員をはじめとする公務員のほか、一般企業など幅広い分野で活躍が期待されます。

  • 国語教員採用試験合格者数82名(過去5年間)※2011〜2015年度学部実績

Achivement学習・研究活動一覧はコチラ

名古屋キャンパス

〒466-8666 愛知県名古屋市昭和区八事本町101-2
TEL 052-835-7170(入試センター)

豊田キャンパス

〒470-0393 愛知県豊田市貝津町床立101
TEL:0565-46-1211

  • 資料請求はこちら