在学生・卒業生の声

内定者/公務員・
教員採用試験合格者

東海旅客鉄道株式会社 内定

鷲巣 祥久さん

スポーツ科学部 2020年3月卒

静岡市立高等学校 出身

学ぶにもスポーツをするにも恵まれた環境。

硬式庭球部に所属し、学業と部活動を両立。

部活動に打ち込みながらスポーツや身体について学びたいと考えて中京大学に入学しました。硬式庭球部では、高校時代に叶わなかった全国大会出場を達成。中京大学には各競技で全国レベルのアスリートがいる中で、「友人に負けていられない」と自らを鼓舞し、継続して努力し続けた成果だと思います。スポーツ科学を学ぶ授業で得た知識は、競技をする上で効率的な身体の動かし方を考えるのに有効でした。また『コーチング科学』も、選手間の関係性を考えるのに役立ちました。さらに、相手との信頼関係の築き方を意識したことは、就職活動にも活かせました。部活動で副主将を務め、社会人の方と接する機会が多くあったことも、就職活動に役立ったと思います。

自分に自信を持って就職活動に臨む。

内定先の企業は、会社説明会で中京大学出身の社員の方にお会いしたことで、遠い憧れから一気に身近となり、「自分も頑張ろう」と気合いが入りました。また、企業の方と話す中で「チームを重視し、競技に打ち込んだ経験を持つ体育会系の人材は社会で歓迎される」と感じ、前向きな気持ちになれました。
就職活動では、企業に提出するエントリーシートの添削やビデオカメラを用いた面接練習など、キャリア支援課のサポートをフル活用しました。その甲斐あって、面接本番で大学生活について問われた時には、副主将として部員をまとめ上げたことや授業で学んだことなど、自信を持って話せました。大学での経験に加えて充実した支援体制があったからこそ内定を勝ち取れたと実感しています。

2019年11月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube