在学生・卒業生の声

卒業生

株式会社リクルートキャリア

北島 寛也さん

スポーツ科学部 2015年3月卒

岡山県立玉野光南高等学校 出身

「真剣味」に満ちた大学生活が今の自分のベース。

陸上部での活躍と学業とを両立。

陸上競技において「強いとされる関東の大学を倒してこそ、真の価値がある」と考えた私は、各分野に一流の指導者がいて関東の強豪大学と対等に戦える環境が整った中京大学に進学を決めました。現在も世界大会等で活躍する高校からの先輩が進学していたことや、中京大学の卒業生である母の影響も大きかったと思います。在学中は男子800mで常に上位の結果を出し続け、主将を務めた大学生活最後の全日本インカレでは総合4位の成績でした。
私は、部活動に打ち込むためにも、学業を疎かおろそ
にはしませんでした。「バイオメカニクス」の授業は、弱点補強やケガをしにくい身体の使い方を論理的に考えることに結びつき、「スポーツ栄養学」はパフォーマンス向上のための栄養バランスの良い食事づくりに活かせたと思います。教員免許取得のため教職課程の授業も受け、忙しい学生生活でしたが、時間管理や集中力の持続ができるようになり、自主性や責任感が醸成されたことは、社会人生活に活かされています。

社会にインパクトを与えられる人間になりたい。

卒業後は教員になることも考えました。しかし、社会で活躍する幅を広げることで、より大きなインパクトを与えられる人間になりたいと思い、企業への就職を決めました。部活動と並行しての就職活動では、学内企業説明会のほか学内で行われる就職サポートを積極的に活用。内定した先輩への相談やキャリア支援課の方のアドバイスを参考に自己分析し、集中力や統率力が自分の強みであると認識できました。
現在、私は社会人のための転職情報サイト『リクナビNEXT』の営業をしています。採用を考える企業と転職希望者とをマッチングさせるため、主に中小企業の採用担当部門への提案を行います。社員1名の存在感が大きい中小企業だからこそ、ふさわしい人材の採用は企業活動に大きくプラスに作用します。自分が介在することで、その企業が活性化し、転職者もハッピーになる。両者の幸せを実感できるのは本当に嬉しいことです。今後もより多くの企業、転職者のマッチングに携わりながら自身のスキルアップも図り、社会で“自分にしかできないこと”を追求したいです。

2020年1月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube