在学生・卒業生の声

学部の学び

スポーツ健康科学科

小笠原 孝斗さん

スポーツ科学部 3年

愛知県立天白高等学校 出身

トップアスリートをサポートするトレーナーを目指す。

海外の一流トレーナーから学ぶ機会。

健康運動指導士をしている母を通じて、幼い頃からアスレティックトレーナーの方と接する機会が多かった私は、中学時代にはアスレティックトレーナー資格の取得を目標としていました。スポーツ健康科学科では、「スポーツ科学入門」に始まり、幅広い観点からスポーツを捉えて学んでいけます。「運動・スポーツ生理学」の授業では、あらためて「身体とは、そのようなつくりになっているのか」といった発見もありました。日本代表として活躍する各競技のアスリートたちが身近な存在なのも、この学部の魅力です。
入学時点では、漠然とアスレティックトレーナーになろうと考えていた私でしたが、1年時秋学期の「海外スポーツトレーナー研修」で大きく意識が変わりました。スポーツ大国・アメリカで、トップレベルのスポーツトレーナーと直に話す機会を得て、「自分も、トップアスリートに関わるトレーナーになりたい」と考え始めたのです。その思いをまず親に話すと、「やりたいことをやりなさい」と背中を押してくれたのが嬉しかったです。

アメリカの大学院への進学を経て、将来へ。

2年次以降は「バイオメカニクス」や「スポーツ医学」などの授業を意欲的に学びながら、先生とも相談して、トレーナーサークルの活動により力を入れるようになりました。アメリカンフットボール部、女子バスケットボール部のトレーナーを経て、現在は水泳部のトレーナーを務めています。日本代表クラスのトップスイマーを擁する中京大学水泳部は、外部のプロのトレーナーもチーム運営に関わってくださっており、学ぶことが多々あります。先だっては、日本選手権に同行させていただき、貴重な経験となりました。また、先生からは「技術はもちろん、コミュニケーション力もトレーナーには必要」と言われており、相手の思いを少しでも上手に引き出せるよう、日ごろから意識しています。
卒業後は、海外の大学でのインターンシップへ参加します。その後はアメリカの大学院へ進学することを考えており、目標に向け引き続き努力を続けていきます。

2019年4月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube