在学生・卒業生の声

内定者/公務員・
教員採用試験合格者

瀬戸市役所

山内 香穂さん

文学部 4年

愛知県立瀬戸西高等学校 出身

取得資格:学芸員

  • 国家資格

本物に触れながら学び、成長できる環境。

歴史好きな仲間たちと、充実の毎日。

中学生の頃から学芸員になりたいと考えていました。また、ちょうどその頃、歴史マンガを手にしたのをきっかけに、歴史好きになりました。そこで、本格的に歴史を学べて、学芸員資格取得も可能な歴史文化学科へ進学。入学間もない1年次から「古文書読解入門」の授業で、本物の史料に実際に触れられることに感激しました。当然のことながら周りの学生も歴史好きで、興味のある話題で盛り上がれるのも嬉しかったです。学科の友人とは毎年、京都に出かけて新撰組ゆかりの地を訪ね歩いたりしています。古代から近代までの史学、民俗学をトータルに学ぶことができるのも、この学科の良さだと思います。 私は「古文書読解研究会」にも所属しています。豊臣秀吉の文書をこの手に取って読むことができたのは、震えるほどの貴重な体験でした。研究会の合宿では京都・奈良や福井の一乗谷朝倉氏遺跡などへ出向いたほか、福井の博物館では普段見られない作業場も見学させていただき、学芸員を目指す私にはとても有意義でした。

公務員採用試験対策も万全。

学芸員課程では、所蔵品の保管・点検の仕方などについて学びます。中京大学には古文書実習室があり、学科の授業でも史料のほか屏風や掛け軸などに触れる機会があるため、一般的な学生に比べて実践での授業が多いと感じます。3年次に学外実習に参加した際、他大学からの実習生はほとんど4年生だったため、最初は少々不安げだった博物館スタッフの方も、私たちの所蔵品の扱いを見て、安心していろいろな業務を任せてくださいました。 中京大学は公務員を目指す学生へのサポートも充実しています。私は学内講座を活用して公務員採用試験に向けた勉強をしました。特に数学の勉強に関しては、公務員採用試験対策講座の講師の方の指導がなければ、自分では対処しきれなかったと思います。繰り返し問題集を解き、万全の状態で試験に臨めました。 今後は瀬戸市の職員として、せとものの歴史や特徴などの勉強もしていこうと考えています。将来、自分が企画・提案した展覧会を開催できるよう、社会人となっても勉強し続けます。

2018年12月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube