在学生・卒業生の声

内定者/公務員・
教員採用試験合格者

岐阜県庁

原 和也さん

総合政策学部 4年

岐阜県立岐阜北高等学校 出身

取得資格:防災士

  • 民間資格

中京大学で学ぶことで、将来の目標が明確に。

大学入学をきっかけに、公務員を目指す。

大学進学を前に、中京大学の明るい校風や、学生が主体的に行動しているイメージに惹かれました。当時はまだ、自分のやりたいことが見つかっていませんでしたが、授業で幅広い分野の学問を学ぶことができると考え、総合政策学部を選びました。 入学後、学内に公務員採用試験対策講座があると知り、申し込むことに。周囲の友人には公務員に興味をもつ人が多かったので、声を掛け合って共に受講しました。また、現役公務員の方に仕事の話をお聞きしたり、インターネットで公務員について調べるなど関心を深め、本格的に公務員を志すことにしました。 講座では、先生が具体的な事例を交えながら説明してくださり、わかりやすい内容でした。講座で学んだ数的処理や民法、憲法、行政法など主要科目に力を入れて取り組んだほか、口述試験の前には友人と互いに質問をしたり面接の練習をして、レベルアップを図りました。つらい時期も友人と励まし合うことによって、最後までモチベーションを保てたと思います。

公務員試験を意識することで、人間力も高まる。

総合政策学部で学んだことも公務員試験に活かされました。「政治学概論」の授業では、政治学の基礎について学んだほか、「憲法」「民法」「行政法」などを通じて重要な判例を学び、試験勉強につながりました。また、ゼミを通して主体的に行動できるようになったのも、自分自身の成長につながったと感じます。 公務員試験を目標に勉強する中で、これまで以上に意識して新聞を読むようになったので、以前よりも政治や経済などの時事問題に興味をもてるようになりました。公務員の仕事は、いろいろな分野があります。卒業後は岐阜県職員として、県民の方々が安心・安全に暮らせるように仕事に取り組み、将来はゼミで接した福祉の領域や、授業で学んだ法律、経済の知識などを活かして政策を考えたいです。

2018年10月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube