在学生・卒業生の声

内定者/公務員・
教員採用試験合格者

愛知県高等学校教員(国語)

西脇 美帆さん

文学部 4年

岐阜県立大垣東高等学校 出身

文学が好きで教師を目指したい人には最適な環境。

興味をもって学べるカリキュラム。

私は幼い頃から漠然と「学校の先生になりたい」と考えていましたが、高校時代に苦手だった古典を面白いと思わせてくれた先生の影響で「国語の先生になりたい」と進路を決定。知人から「中京大学文学部は優れた先生方が揃っている」と聞き、教職免許の取得も可能なことから、進学を決めました。 実際のところ中京大学文学部は、文学が好きで教師を目指したい人にとって最適な環境でした。素晴らしい先生たちによる学部の授業や教職課程など、興味をもって学べる内容ばかりです。私は古い時代の文学にも面白さを感じましたが、近代文学の作家と作品性を探ることにより興味をかき立てられ、近代文学のゼミを専攻しました。 教師を目指す私にとって、教職課程は重要です。授業では、「自分ならどう伝えるか」を考える機会が多く、問題を他人事でなく「自分事」としてとらえる習慣が身につきました。この視点は、教師として生徒に接する上で重要なものだと感じています。

多種多様な人がいる総合大学としての強み。

教師を目指す学生向けの「グループ指導会」では、他学部の学生と教師について議論する機会がありました。異なる視点からの意見は新鮮でしたし、ものの見方・考え方が多角的になる感覚がありました。また、中京大学は教育大学とは違って一般企業への就職を目指す学生も多く、そうした友人から聞く就職活動の話も、視野を広げる上で参考になりました。 中京大学では教職センターによる教員採用試験に向けたサポートが非常に充実しています。合格者発表会で先輩の体験談を聞いて自分なりの方針を立て、過去問題を繰り返し解くなど、本格的に試験対策の勉強に取り組みました。それに加えて、面接練習や小論文の添削指導や、現役教師でもある卒業生の先輩からのアドバイスは、とても役に立ちました。試験合格後にも、先輩から教師としての心構えを説いていただき、心強く感じました。相談できる先輩がいる状態から教師生活をスタートできるのは恵まれたことだと思います。

2018年10月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube