在学生・卒業生の声

OBOG

住商グローバル・ロジスティクス株式会社

浅野 瑛美さん

国際教養学部 2012年3月卒

静岡県立浜松南高等学校 出身

多様な人と交流し、国際輸送を担う企業で活躍。

他学部生や異国の人との交流も図る。

中学・高校時代から英語が好きで、大学では英語を学ぼうと思っていました。同時に「幅広く人と関わりたい」という思いもあり、外国語大学ではなく、総合大学である中京大学の国際教養学部へ。2ヵ国語を学べることに加え、他学部の学生と交流できるのが魅力でした。英語以外に専攻する外国語は、中国語を選択。両親のアドバイスなどを受け、「中国語はこれからの時代の強みになる」と考えてのことでした。10名前後の少人数クラスで基礎からしっかり学び、大学で初めて中国語に接した私も、2年次には上海近郊の蘇州大学にセメスター留学をしました。授業はすべて中国語で、大学での授業のほかに日本語学習意欲の高い学生や社会人と互いに学び合う機会もあり、語学力は飛躍的に向上しました。こうした人たちや、韓国や欧米からの留学生同士で交流を図ったことも貴重な経験です。国籍を越えた留学時の友人たちとは今もつながりがあります。

語学力とコミュニケーション力を活かす。

就職活動では、キャリア支援課のサポートを活用。内定を獲得した4年生のアドバイザーに相談しながら、語学力を活かせて海外と接点がある国際物流に志望業界を絞り込みました。当社の会社説明会の情報も、キャリア支援課を通じて入手しました。
現在は国際物流部で、主に船便での輸出入に必要な通関書類の作成などを担当しています。まずは運ぶ荷の形状や量、原料など、書類作成上で必要な詳細情報を確認。港での受け渡しか、先方の工場まで運ぶかなども確認し、納品に応じたスケジュールを組んで、国内外の関連各所に手配します。日頃から電話やメールは英語でやりとりし、中国語の書類に対応することもあります。台風や黄砂で船の運航予定が遅れると納期に関わってきますが、どうリカバリーするかを考え、チームで協力し合って対応。恐らくどんな仕事でもそうですが、人と関わらないと仕事は成り立ちません。語学力だけでなく、他学部の人との関わりや留学での異文化交流など、大学での幅広い経験が今に活かされています。

2018年5月取材

このページを閉じる

  • 入試要項請求
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube