在学生・卒業生の声

内定者/公務員・
教員採用試験合格者

名古屋市小学校教員

本部 瑠菜さん

スポーツ科学部 4年

岐阜県立多治見北高等学校 出身

想像以上のサポートで教師に。

小学校の教師の夢と空手への情熱から進路選び。

5歳から空手を続けてきた私は、子どもたちに空手指導をするのが好きで、自然と教師を目指していました。そこで、空手道部があり、小学校教諭免許状取得プログラムもある中京大学に入学。スポーツ科学部には日本代表候補となっているさまざまな競技の選手が何人もいて、スポーツ実技の授業では彼らが専門外のスポーツにも全力で臨む姿に刺激を受けました。小学校教諭免許状取得プログラムでは、校長先生を務められたことのある先生からの指導で、習字の書き方から指導案づくり、教壇に立っての模擬授業…と、細やかで濃い内容で深く学ぶことができました。
私は教員採用試験の勉強と共に部活動にも力を入れていました。1年次から試合メンバーに選ばれる一方、先輩から「周りを広く見るように」と教えられ、社会人として必要なマナーも身につけました。選手としての活動を終えましたが、空手を通じて得たものは大きく、教員採用試験へのエネルギーにもなりました。

想像以上のサポートを受けて希望を叶える。

「教員採用試験のプラスになる」という教職センターのアドバイスを受けて、名古屋市内の小学校で体育授業補助やトワイライトスクールのサポートといったボランティア活動も経験。素直で元気な小学生と接するのは楽しく、やりがいがありました。その後、母校の小学校や、中学での教育実習も経験した上で、「小学校の先生になりたい」と決意を固めました。
「中京大学の教職サポートは充実している」と聞いていましたが、想像以上でした。卒業生の方からは直に教員採用試験に向けた勉強法を教わっただけでなく、先輩自身が使ったという重要ポイントに赤線が入った参考書もいただきました。電話・メールで相談したこともあり、本当に心強かったです。教職センターによる毎週の小論文添削や、グループ指導会の開催にも助けられました。
今後は小学校の教師として、子どもたちが笑顔で「学校って楽しい」と思えるような場をつくっていきたいです。

2017年12月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube