在学生・卒業生の声

外国人留学生

満足度の高い日本のサービスを学びたい。

MAY THI TUN
(メイ ティ トゥン)さん

経済学部 1年

ミャンマー 出身

服部国際奨学財団奨学金受給者

日本の大学生として必要なスキルを学べる。

私は母国で英語を学び、さらにイギリス経済を勉強していました。経済学をもっと深く学びたいと考えたことに加えて日本のコンビニエンスストアに関心を持ち、日本への留学を決めました。中京大学経済学部を知ったきっかけは、日本語学校の先生の紹介です。1年次に留学生のための授業があってサポート体制が充実していることや、経済学部独自の「EXP」があること、日本人学生と一緒に学べることに惹かれ、入学を決めました。
入学後、留学生向けの授業では、レポートの書き方のほかアンケート調査方法、インタビュー技法など、大学生として必要となるスキルを学びました。これは、卒業後に社会人として働く上でも役立つと思います。また、「マクロ経済学入門」の授業は、先生の説明や話のスピードが留学生にも理解しやすく、わからないことを質問すると丁寧に答えてくださったのがありがたかったです。

関心のある研究テーマに打ち込める環境。

入学後に留学生を対象とする奨学金プログラムについて知り、申請しました。日本と母国・ミャンマーとでは物価が大きく違うため、奨学金の支給は助かります。基本的に学校中心の生活ですが、お客様満足度の高い日本の接客・サービスについて学ぶため、現在はコンビニと介護施設でアルバイトをして利用者の方が何を求めているのか理解に努めています。
当初、外国人学生のための日本語科目の先生は厳しいと感じましたが、学生のためを思っての厳しさだったと感じます。今では日本人学生と一緒の授業を受け、自分から積極的に話しかけて、少しずつ日本人の友達もできてきました。2年次からのゼミではコンビニ業界をテーマに母国と日本の比較研究を深めるつもりです。大学生活を通じて日本社会で通用する人材に成長したいと考えています。中京大学には自分の学びたいことを修得できる環境があるので、これから留学する皆さんにお勧めです。

※1 EXP(エグゼクティブ・プログラム)
企業幹部および上級公務員などに求められる実践的なスキル修得と、リーディング企業への就職をサポートする選抜制プログラム。

2018年3月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube