在学生・卒業生の声

内定者/公務員・
教員採用試験合格者

名古屋市小学校教員

長谷川 裕高さん

スポーツ科学部 4年

愛知県立新川高等学校 出身

中京大学ならではの強みを活かして教師に。

小学校の教師も目指せるプログラムが魅力。

両親共に教師ということもあり、高校時代まで夢は中学校の教師になって野球部を指導することでした。中京大学には小学校教諭免許状取得プログラムがあることから、「教師としての選択肢が広がるのは良いことだ」と考え、進学を決めました。教職課程が本格的にスタートするのは2年次からですが、小学校教諭免許状取得プログラムは選抜制のため、入学時から成績を意識して勉強に取り組んでいました。
入学直後は、迷子になるほど広いキャンパスと施設・設備の充実ぶりに驚かされました。恵まれた環境とスポーツの殿堂としての実績から、トップレベルのアスリートが多数在学するのも中京大学ならでは。体育実技の授業で彼らからもらったアドバイスは採用試験にも役立ちました。
授業や教員採用試験に向けての勉強に加え、教職センターからの紹介を受けてボランティア活動も行いました。名古屋市の中学校での野球部の指導と、小学校での体育授業補助です。授業補助を通じて純粋な児童らに接し、また「先生のおかげで体育が好きになりました」という言葉に心を動かされ、最終的に「小学校の教師になろう」と決めました。

教師として活躍する先輩たちが寄り添ってくれた。

教職センターを中心とする教職サポートは想像以上に充実していました。試験直前には小論文対策や面接練習を受け、「君の長所は笑顔だから、面接でも笑顔を絶やさないで」とアドバイスをいただくなど、親身にサポートしていただきました。
ベテラン教師として活躍している方の指導や、一つ上の先輩からの具体的な試験対策も心強かったです。先輩たちはいつでも相談にのってくださり、直接電話で励ましの言葉をいただくこともありました。無事、採用試験に合格した後に開かれた交流会では、お祝いの言葉をいただくと共に、教育現場の厳しさなど仕事に直結する話も聞き、教師としての心構えができました。
春からは教師生活がスタートします。子どもたちに「学校に行くのが楽しみ」と思ってもらえるようなクラスをつくっていきたいです。

2017年12月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube