在学生・卒業生の声

ソフトウェア開発

自分が開発したアプリで、
世の中をもっと便利にしたい。

PROFILE

中京大学工学部

情報工学科 4年

ITソフトウェア開発研究室

 

※新学部学科名称にて記載

(岐阜県立岐阜商業高等学校 出身)

関谷 希実さん

プログラミングやネットワークを基礎から学ぶ。

情報工学に興味を持ったきっかけは何ですか?

中学生のときに地元のパソコン教室に通っていたことがきっかけです。ワープロソフトやエクセルなどいろいろなソフトを使えるようになり、できることが増えていくのが楽しく、パソコンを触ることが好きになりました。高校も情報処理の勉強がしたくて商業高校に進み、大学でもさらに高度な情報やシステムについての勉強をしたいと思い、中京大学の情報工学科を選びました。ここではプログラミング言語やプログラム手法、アルゴリズムといったコンピュータ技術であったり、WEBサイトやネットワーク応用システムの構築などの知識や技術など、情報工学について幅広く学ぶことができます。

研究室ではどんな研究をしていますか?

研究室では主にプログラミングやシステム開発について幅広く取り扱っています。自由度はかなり高く、実用的なソフトウェアだけでなく、エンターテインメント性の高い開発を行なう人もいますが、最終的には社会に役立つソフトの開発を目的としています。私自身は高校からプログラミングの勉強をしていますが、難しい開発ではつまずいてしまうこともあります。それでもプログラミングは成果が目に見えて現れるので、自分で調べたり、先輩や先生に教えていただきながら完成させたときの達成感は大きいです。

進歩するIT技術に対応できる力をつける。

研究室で最初に何をしましたか?

研究室でまず学ぶのは、IT技術者の基本知識となるさまざまなコンピュータ言語。具体的にはJava、C言語、C++、SQL、Flash、Rubyなどを、先輩方に教えていただきながら習得します。単純なソフトの動かし方などを通して基本的な知識をつけた上で、自分の作りたいソフトやアプリの開発をしていきます。私が取り組んでいるのは、スマートフォンアプリの開発。実際に使えるものが手元にあるので、欲しいものを作ることができますし、たくさんの人に気軽に使ってもらうことができるのも魅力です。また研究で身に付いたことを一つ一つ組み込んで形にしていくことが自信にもつながります。

開発する上で気をつけていることはありますか?

技術系の学部なので絶対的な知識量が必要です。この研究室では先輩方も一緒に活動するので、ベースとなる知識を教えていただけます。もちろん最初はわからないこともありますが、いろいろな知識を持っている同期の友人に教えてもらうこともありました。ただ、情報工学は専門的な知識や技術が多い上に、今も進歩を続けている分野。そのため、今は自分なりに調べ方など勉強の仕方を身につけたいと考えて、なるべく自分で調べて解決するように心がけています。そういったノウハウができてくると、一人でできることも増え、それが楽しさややりがいにもなってきます。

ITを使って誰かの役に立つ開発をしたい。

現在の目標を教えてください。

ひとつは今手がけているアプリを完成させること。そもそもは自分が大学に通うときにあったら便利だと思い、目的地までの電車やバスの乗り継ぎ時間などがわかるアプリを作っています。また勉強会などで受付を担当したときに、出欠席の管理やお金の計算がスムーズにできるアプリの構想も持っています。これらをひとつずつ、形にしていこうと思っています。また、研究室では後輩に教える立場になっているので、質問に対して自分の知識で答えられるようになりたいと思っています。そのために、漠然とした理解ではなく正確な知識を身につけたいと考えています。

今の研究を生かして将来やりたいことはありますか?

これまでは自分が「あったら便利だな」と思うものを作ろうと思っていました。プログラム開発の本質は、誰かを便利にするということ。もちろん自分が便利になることでもいいのですが、将来はシステムやネットワークに関わる仕事に就いて、人の役に立つものの開発に携わりたいと思っています。自分や身近な人だけでなく、不特定多数の人の役に立つことができれば、今よりも大きな達成感を得られると思いますし、プログラミングや情報工学に携わることの楽しみがよりいっそう広がると感じています。

ITソフトウェア開発研究室

担当教員 :ラシキア 城治教授

インターネットあるいはネットワーク上のデータや画像、データベース、プログラム、文書など、あらやるデータを対象に、与えられたデータの解析、学習、認識などを中心に、工学に役立つソフトを開発を行っている。

2014年5月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • facebook
  • LINE