• TOP
  • 入試情報
  • 帰国生徒・社会人・外国人留学生入試/編入学・転入学試験

入試情報

帰国生徒・社会人・外国人留学生入試
/編入学・転入学試験

帰国生徒入試

帰国生徒入試 過年度入試結果

  志願者 合格者 倍率
2017年度 前期 21名 16名 1.3倍
後期 4名 3名 1.3倍
2016年度 前期 22名 12名 1.8倍
後期 4名 3名 1.3倍
2015年度 前期 23名 16名 1.4倍
後期 4名 2名 2倍

帰国生徒入試について

帰国生徒入試の詳細はこちらをご確認ください。
※2018年度入試情報は、「入試ガイド」「帰国生徒・社会人・外国人留学生入試/編入学・転入学試験願書」をご請求ください。

帰国生徒入試で入学した学生の声

国際教養学部
国際教養学科 2年
松川 和佳奈 さん

多言語習得と文化理解を力に、エアライン業界を目指したい

「英語力を高め、海外の友人を作りたい」と、ニュージーランドの高校に進学した私。希望通りの高校生活でしたが、その中で、友人たちから日本について聞かれてもしっかりと答えられない自分に気づかされました。「日本の文化を知っておきたいから、大学は日本で」という思いと同時に「3~4ヶ国語を話せるようになりたい」とも考え、ネットで日本の大学について調べた結果、出会ったのが中京大学の国際教養学部でした。受験前は大学の受験生向けのホームページなどを参考に、入学試験の準備や入学後のイメージを思い描きました。国際教養学部ではフランス語を専攻。ゼロから勉強を始め、2年次の秋学期には約4ヶ月間にわたってフランスのレンヌ第2大学に留学し、問題なくホームステイ生活を送ることができました。現地での日々を通して、語学力の向上はもちろん、日曜日はお店も休みで皆が家族との時間を大切に過ごす…など、フランス独特のライフスタイルを体感できました。中京大学では学内にある国際センターで各国から大学に来ている学生と日常的に交流でき、いい刺激を受けられます。私は将来、多言語の語学力を活かしてエアライン業界で働きたいです。中京大学の国際教養学部で学ぶことによって語学力を高めて文化への理解を深め、将来へとつなげたいと考えています。

心理学部
心理学科 3年
長谷川 岬 さん

海外での気づきをベースに子どもの心理を学び、夢に近づきたい

私には「特別支援学校の教員になりたい」という夢があります。きっかけとなったのは知的障害をもつ弟の存在。彼の通う特別支援学校の運動会に行った時、生徒たちの表情が、一般の学校の生徒たちより明るく輝いているのに心を動かされました。こうした子どもたちをより深く理解するためにも発達心理を学びたいと、大学進学の目標を明確化。私は、父の仕事の関係で3年ほどをアメリカ・ピッツバーグで過ごしており、海外経験を活かせる中京大学の帰国生徒入試で心理学部に入学しました。日本の大学への進学を選択したのは、「母国語で学びたい」と思ったから。その方がより確かに学べると考えました。ただ、国によって言葉は違っても、人を理解したいとか助けたいという思いは同じ。海外生活を通じてそれを実感できたことや、言葉が通じない中でいかにコミュニケーションを取るかという課題に直面した経験は、心理学を学ぶ私にとってひとつのアドバンテージとなっているかもしれません。大学生活では専門科目を学ぶと共に人との輪を広げ、いろいろな人と接しながら自分を深めていくつもりです。また中京大学は国際センターなど海外からの留学生と接する場もあるので、せっかく身につけた英語力をキープするために今後、活用していきたいと思っています。

<上記学生の所属は2016年3月現在のものです>

社会人入試

社会人入試の詳細はこちらをご確認ください。
※2018年度入試情報は、「入試ガイド」「帰国生徒・社会人・外国人留学生入試/編入学・転入学試験願書」をご請求ください。

外国人留学生入試

外国人留学生入試の詳細はこちらをご確認ください。
※2018年度入試情報は、「入試ガイド」「帰国生徒・社会人・外国人留学生入試/編入学・転入学試験願書」をご請求ください。

編入学・転入学試験

編入学・転入学試験の詳細はこちらをご確認ください。
※2018年度入試情報は、「入試ガイド」「帰国生徒・社会人・外国人留学生入試/編入学・転入学試験願書」をご請求ください。

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • facebook
  • LINE