出願手順

出願の受付は、すべてインターネットで行います。

プリンタがない方へ

画面の入力事項にしたがって
必要事項を入力

  • 「出願受付」をクリック
  • 入試方式・受験学科(専攻)を選択
  • 個人情報を入力
  • ※出願最終日の15:00までに出願登録が完了していない場合、(出願完了画面に進めなかった場合)出願が認められませんのでご注意ください。
  • ※ご不明点がある場合、またはサイトに繋がらなかったり、エラーが発生した場合は、中京大学入試センターまでお問い合わせください。

中京大学入試センター TEL 052-835-7170(平日9:00~17:00)

  • クレジットカード

    VISA、Master、JCB
    AMERICAN EXPRESS、
    Diners Clubを利用して
    お支払いが可能です。

    • ※クレジットカードの名義人は受験生本人でなくても構いません。
    • ※出願1~2ヵ月後に「中京大学検定料」等の名称で請求がありますので、クレジットカード会社発行の利用明細をご確認ください。
  • コンビニエンスストア

    上記コンビニエンスストアで
    お支払いが可能です。

    • ※各コンビニエンスストアでのお支払方法は出願登録完了時にお知らせします。
    • ※支払い方法説明サイトに表示された決済番号を控えて、コンビニエンスストアのレジまたは店頭端末で入力してお支払いください。
  • ペイジー

    ペイジー対応のATM※1または
    インターネットバンキング・
    モバイルバンキング※2
    お支払いが可能です。

    • ※1.ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行などのATMでご利用可能です。
    • ※2.インターネットバンキング・モバイルバンキングを利用する場合は、ご利用金融機関との契約が必要です。
注意事項
  • ※検定料の他に、支払い手数料が一律で900円かかります。
  • ※検定料のお支払いは、必ず出願登録後24時間以内に行ってください。
  • ※24時間を過ぎると、出願内容が取り消されますのでご注意ください。取り消し後は、もう一度始めからやり直してください。出願締切最終日に登録された方の入金は、当日の23時59分までとなりますのでご注意ください。
  • 検定料お支払い後の受験方式・学科・専攻・科目等についての変更は一切できません。
  • ※検定料の返金は一切行いません。

以下の書類を必ずご提出ください。

インターネット出願確認票

出願確認票を印刷してください。

調査書

複数受験の場合でも、
1回の郵送につき1通

厳封のうえ提出してください。出願書類1回郵送ごとに、1通封入してください
(複数方式、学科・専攻を受験する場合でも1回の郵送につき1通封入)。

平成31年度大学入試センター試験成績請求票

出願確認票に貼付

センター試験利用方式および
得意科目重視型センタープラス方式の
出願者のみ提出。

前期日程 必要書類締切日

前期日程
出願登録日 書類締切日
1月5日(土)1月9日(水)(消印有効)
1月6日(日)1月9日(水)(消印有効)
1月7日(月)1月10日(木)(消印有効)
1月8日(火)1月11日(金)(消印有効)
1月9日(水)1月14日(月)(消印有効)
1月10日(木)1月15日(火)(消印有効)
1月11日(金)1月16日(水)(消印有効)
1月12日(土)1月16日(水)(消印有効)
1月13日(日)1月16日(水)(消印有効)
1月14日(月)1月17日(木)(消印有効)
1月15日(火)1月18日(金)(消印有効)
1月16日(水)1月21日(月)(消印有効)
1月17日(木)1月22日(火)(消印有効)
1月18日(金)1月23日(水)(消印有効)
1月19日(土)1月23日(水)(消印有効)
1月20日(日)1月23日(水)(消印有効)
1月21日(月)1月24日(木)(消印有効)
1月22日(火)1月25日(金)(消印有効)
1月23日(水)1月28日(月)(消印有効)
1月24日(木)1月29日(火)(消印有効)
1月25日(金)1月30日(水)(消印有効)
1月26日(土)1月30日(水)(消印有効)
1月27日(日)1月30日(水)(消印有効)
1月28日(月)1月31日(木)(消印有効)
1月29日(火)2月1日(金)(消印有効)
1月30日(水)2月4日(月)(消印有効)
1月31日(木)2月4日(月)(消印有効)
2月1日(金)2月4日(月)(消印有効)

インターネット
環境について

ブラウザ
PC推奨環境

Windows

  • ・Google Chrome
  • ・Internet Explorer 11.X
  • ・Microsoft Edge
  • ※Windows8.1、Windows10をご利用の際は必ずデスクトップから起動してください。
  • ※Internet Explorerの互換表示モードは推奨環境ではなく、デザインが崩れるなどの可能性があります。

Mac OS(MacOS 10.6 以降)

  • ・Safari
  • ・Google Chrome
モバイル端末推奨環境

Android(Android 4.4.X 以降)

  • ・Google Chrome
  • ※必ずスマートフォン画面上のChromeのアイコンからブラウザを起動してください。
  • ※Google Playなどからダウンロードしたアプリ(Chrome除く)からのアクセスでは正常に動作しません。

iOS(iOS 9.X.X 以降)

  • ・Safari
  • ※必ずスマートフォン画面上のSafariのアイコンからブラウザを起動してください。
  • ※App Storeなどからダウンロードしたアプリからのアクセスでは正常に動作しません。
PDF閲覧ソフト
環境共通
  • ・Adobe Acrobat Reader DC
  • ※Windows8.1、Windows10の「リーダー」は推奨環境外です。
  • ※MacOSのプレビューは推奨環境外です。
  • ※ブラウザ専用PDF Viewerは推奨環境外です。
ブラウザの設定

サイトでは登録情報を一時的に保存するために、Cookie(クッキー)という機能を使用しております。
必ずブラウザの設定を「Cookieを受け付ける(有効にする)」にしてください。
ただし、個人情報を保有するためではありませんのでご安心ください。

また、登録の際の利便性を高めるために、JavaScriptという機能も使用しています。
以下を参照し設定を有効にし、ブラウザを再起動してください。

Microsoft Edgeの場合

Cookieの有効化

  • Microsoft Edgeの画面右上edge_menuのメニューをクリックし「設定」をクリックします。
  • 画面下部の「詳細設定を表示」をクリックします。
  • 「クッキー」の項目の「クッキーをブロックしない」を選択します。

JavaScriptの有効化

  • Windowsのスタートメニューより「設定」を選択します。
  • 右上にある検索窓に「グループポリシー」と入力します。
  • 検索結果から、「グループポリシーの編集」を選択します。
  • 「ローカルグループポリシーエディター」が開きますので、左のツリーから「ユーザーの構成」>「管理用テンプレート」>「Windowsコンポーネント」>「Microsoft Edge」を選択します。
  • 右側に表示された設定項目の「Javascriptなどのスクリプトを実行できるようにする」を選択し、「ポリシー設定」リンクをクリックします。
  • ラジオボタンの「有効」を選択し、「OK」ボタンを押します。
  • 一度すべてのウインドウを終了させ、Microsoft Edgeを再起動します。
Internet Explorer 11.Xの場合

Cookieの有効化

  • 「ツール」⇒「インターネットオプション」⇒「プライバシー」⇒「詳細設定」をクリックし、「自動Cookie処理を上書きする(O)」にチェックを入れ、その下にある「常にセッションCookieを許可する」にもチェックを入れます。

JavaScriptの有効化

  • 「ツール」⇒「インターネットオプション」⇒「セキュリティ」⇒「レベルのカスタマイズ」を選択し、「スクリプト」⇒「アクティブ スクリプト」項目を「有効にする」を選択します。

TLSの有効化

  • 「ツール」⇒「インターネットオプション」⇒「詳細設定」を選択し、[TLS 1.0 を使用する][TLS 1.1 の使用][TLS 1.2 の使用]を全てチェックします。
Google Chromeの場合

Cookieの有効化

  • Google Chromeの設定アイコンchrome_setting をクリックし、「設定」をクリックします。
  • ページの下側で「詳細設定を表示」をクリック⇒「プライバシー」セクションで「コンテンツの設定」をクリックします。
  • 「ローカルへのデータ設定を許可する(推奨)」を選択し「完了」をクリックします。

JavaScriptの有効化

  • Google Chromeの設定アイコンchrome_setting をクリックし、「設定」をクリックします。
  • ページの下側で「詳細設定を表示」をクリック⇒「プライバシー」セクションで「コンテンツの設定」をクリック⇒「JavaScript」内の「すべてのサイトでJavaScriptの実行を許可する(推奨)」を選択し、「完了」をクリックします。
Safariの場合

Cookieの有効化

  • メニューバーの「Safari」をクリックし、「環境設定...」をクリックします。
  • 「プライバシー」をクリックし、「Cookieをブロック」項目の「知らないサイトや広告のみ」にチェックします。

JavaScriptの有効化

  • メニューバーの「Safari」をクリックし、「環境設定...」をクリックします。
  • 画面上部の「セキュリティ」アイコンをクリック、「Webコンテンツ」の項目で「JavaScriptを有効にする」にチェックします。