ニュース

2020.09.28 学部

工学部/IEEE CIS 日本若手技術者賞を受賞

工学研究科修士2年の加藤優太さん(指導教員:加納政芳教授)は、昨年行われた第35回ファジィシステムシンポジウム(2019年8月29~31日)で発表した研究「Reward Function by Using Inverse Reinforcement Learning and Fuzzy Reasoning」(逆強化学習とファジィ推論を用いた報酬関数の設計)で、9月8日、IEEE Computational Intelligence Society Japan Chapter Young Researcher Award(CIS日本若手技術者賞)を受賞した。

 

同シンポジウムは、「あいまいさを含む全方位から知能の解明、実現、応用に対して科学的に挑戦する」ことを目的にした日本知能情報ファジィ学会が主催しており、ファジィ理論やソフトコンピューティングの基礎・理論をはじめ、機械学習、ロボットや教育支援、AI応用分野など幅広い分野の論文発表を広く募集している。

加藤さんの研究は、与えられた行動系列から強化学習に必要な報酬関数を設計する際に、ファジィ推論のアルゴリズムを応用して、あいまい性をもたせた報酬関数を設計するもの。提案手法を用いることで、危険な行動を迂回することが確認され、評価された。

 

本来であれば今年度の第36回同シンポジウムで授賞式が行われる予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響でオンライン開催(9/7-9/9)になり、授賞式は中止に。加藤さんの受賞は9月8日に発表された。

加藤さんは、「このような栄誉ある賞をいただくことができてとても嬉しいです。自分の研究はまだまだ発展途上で未熟な部分もありますが、今回の学会で自分では気づきにくい新しい視点や考え方を多く学ぶことができたので、これからの自分の糧にして、次に繋いでいきたいと思います」とよろこびを語った。

受賞した加藤さん
  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube