• TOP
  • ニュース
  • 現代社会学部/「子ども食堂へ善意のお届け」フードパントリーに参加

ニュース

2020.09.07 学部

現代社会学部/「子ども食堂へ善意のお届け」フードパントリーに参加

現代社会学部の成元哲ゼミに所属する学生5名が、8月22日に豊田市福祉センターで開かれたNPO法人フードバンク愛知主催のフードパントリーに参加した。

 

フードバンクとは、安全に食べられるのにさまざまな理由で、市場に流通出来なくなった食料品を企業などから寄贈を受け、必要としている施設や団体、困窮世帯に無償で提供する活動およびその活動を行う団体のこと。また、フードパントリーとは、ひとり親家庭や生活困窮者など、生活に困っている人を対象に食品を無料で配付する活動のこと。

 

フードバンク愛知は、あいち子ども食堂ネットワークと協力して、拠点の北名古屋市で子ども食堂(地域の子どもやその親らを対象に、無料または安価で食事を提供する活動)を運営する団体へ食料品供給を開始したが、受け取りに来られるのは近隣の団体のみ。豊田市をはじめ三河地域の団体は、北名古屋市を訪れることが難しいため、同法人が今回初めて出張に乗り出した。

 

成ゼミ生たちは、研究活動を兼ねて本活動にボランティアとして参加。豊田市内の子ども食堂など、16団体の担当者の車に食料品を積み込む配布作業を行った。

食料品を積み込む成ゼミの学生たち。
食料品はNPO法人などの団体へ届けられる。

フードバンク愛知は、9月5日にも岡崎市でフードパントリーの開催を予定しており、成ゼミ生たちは、今回同様ボランティアとして参加する予定となっている。

フードバンク愛知へのインタビュー調査の様子
  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube