ニュース

2019.06.11 学部

工学部/人工知能学会全国大会で講演

工学部橋本学教授は6月6日、新潟市の朱鷺メッセで行われた第33回人工知能学会全国大会のNEDO企画セッションにおいて、これまでの研究成果に関する講演を行った。

 

本学会は6月4日~7日まで開催され、人工知能に関する研究の進展と知識の普及を図り、学術・技術や産業・社会の発展に寄与することを目的としている。講演は、国際セッション、一般セッション、オーガナイズドセッション、企画セッションに分かれて講演が行われた。

 

同企画セッションでは、冒頭で本プロジェクトを統括するNEDO渡邊プロジェクトマネージャーおよび、産業技術総合研究所人工知能研究センターの麻生副センター長より、プロジェクト全体の概要および研究成果の説明があり、これに続いて本プロジェクトの主要な研究成果4件の発表があった。

 

橋本教授

 

橋本教授は「道具の機能認識と生活支援ロボットへの応用」と題して、物の形や位置の認識だけでなく、物体の部位が持つ道具としての機能を認識する技術や、お茶を点てるなどの複数の道具を使いこなすタスクを自律的に実行する生活支援ロボットに応用した事例を紹介するとともに、同技術を次世代生産システムに適用する方法についても展望した。

 

この研究は、本学の橋本研究室と国立研究開発法人 産業技術総合研究所(産総研)、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による事業であり、本学会でも「NEDO次世代人工知能中核技術~人を見守り協働する人工知能の実現に向けて~」をテーマとしたNEDO企画セッションで講演を行っている。

 

 

また、橋本研究室、産総研、NEDOは、日用品などの対象物の「機能」認識の研究に利用できる機能属性ラベルが付与された3次元モデルデータベースを構築し、5月24日に橋本研究室HP、産総研HPにて公開している。

 

■3次元モデルデータベースに関する記事はこちら

https://www.chukyo-u.ac.jp/news/2019/05/013728.html

 

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube