ニュース

2018.10.23 学部

工学部/WRS2018で2位入賞!

10月17日~21日、東京ビッグサイトで行われた経済産業省主催の「ワールドロボットサミット2018(WRS)で、工学部橋本研究室とオムロン、中部大学の合同チーム「ROC2」が国際ロボット競技会ワールドロボットチャレンジのサービスカテゴリー、フューチャーコンビニエンスチャレンジ(FCSC)の陳列・廃棄部門において、国内外から参加した全14チーム中、2位の入賞を果たした。さらに、学会賞として「日本ロボット学会特別賞」を受賞した。「ROC2」は昨年度も優勝しており、今回で2年連続の入賞となる。

2位入賞を喜ぶ橋本研究室の開発メンバーと応援団
特別賞を受賞

競技は、サンドイッチやおにぎりなどの商品をきれいに並べる「陳列」と、商品の賞味期限を自動的にチェックする「廃棄」の2項目で行われた。陳列の項目では50点満点中50点を獲得したものの廃棄の項目では惜しくも24点、合計74点となった。1位となった東芝らのU.T.Tチームとは同点だったが、タスク実行時間の評価によりU.T.Tが1位、「ROC2」が2位となった。橋本研究室は、ロボットのAI技術として、得意とする画像認識システム開発を担当し、「ROC2」の2位入賞に大きく貢献した。

  • 入試要項請求
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube