• TOP
  • ニュース
  • 経営学部/本間製パンと共同開発したパン3種を販売

ニュース

2018.06.21 学部

経営学部/本間製パンと共同開発したパン3種を販売

経営学部中村ゼミ(中村雅章教授)は産学連携プロジェクトの一環で本間製パン株式会社とパンを共同開発し、6月19日、名古屋キャンパスで販売した。このプロジェクトは中村ゼミ2年生初のプロジェクトとして1月に発起、企画が始まった。

本間製パン(愛知県小牧市)は、ホテル向け業務用高級食パンなどの製造販売を行っている。ゼミ生は、小牧市を含む地域活性化となるよう特産品を使用したパンを考案し、企画の練り直しや試食を重ねて完成させた。

完成したのは「海老芋コロッケバーガー」「金平糖メロンパン」「濃厚クリームブリュレ」の3種。「海老芋コロッケバーガー」は小牧市で有名な高級芋である海老芋を使用した。「金平糖メロンパン」は織田信長の好物だったという金平糖を生地に入れ、「濃厚クリームブリュレ」は名古屋コーチンの卵を使用した。試食会は2回行われ、食感や味などを本間製パンの開発者と調整して作り上げるのが大変だったという。

呼び込む学生

初めて参加した石神杏菜さん、鈴木万尋さんは、「商品開発と聞くと案を出して作って楽しそうと思っていましたが、予想より大変なことがたくさんあって、今売られている商品も世に出るまでにさまざまな工程があることがわかりました。楽しかったです」と振り返った。

最後のパンが売れた瞬間

パンは昼休み中に完売し、販売していた学生にも笑顔がみられた。この3種類のパンは今年のオープンキャンパス名古屋(2日目)にも販売する予定。

  • 入試要項請求
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube