• TOP
  • ニュース
  • 工学部/橋本学教授と香西健太郎さんがIWAIT国際会議「最優秀論文賞」を受賞

ニュース

2018.02.07 学部

工学部/橋本学教授と香西健太郎さんがIWAIT国際会議「最優秀論文賞」を受賞

 橋本研究室(橋本学教授)と、工学部機械システム工学科4年の香西健太郎さんの2人が、2018年1月10日、タイのチェンマイでおこなわれたIWAIT国際会議(International Workshop on Advanced Image Technology)において最優秀論文賞にあたる「Best Paper Award」を受賞した。

 受賞論文名は、「Determining Robot Grasping-Parameters by Estimating "Picking Risk"」。

 橋本教授は、「この研究成果は、人工知能とロボットの動作・制御方法を関連づける新しい領域の研究に関するもので、当研究室が、国立研究開発法人・新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)殿からの委託により推進しているものです。ロボットが対象物体をどのように認識し、動作につなげていくかを数値的にモデル化し、円滑な動作命令を自動生成することに成功しました。我々の研究グループの成果が認められ、たいへんうれしく思います」と語った。

 

 また香西さんは「学部生での研究活動が、国際会議という世界的な場で認められたことをとてもうれしく思います。高校時代から苦手だった英語での発表はとても不安でしたが、この受賞をきっかけに大きな自信を持つことができました。今回受賞できたのは、橋本教授のご指導および研究室の仲間との研究活動のおかげです。修士に進学した後も、向上心を忘れず努力し続け、技術を磨いていきたいです」と語った。

(左から)橋本教授、香西さん
  • 入試要項請求
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube