スポーツ科学部

スポーツ教育学科

スポーツ教育学科概要

真の保健体育科教員を目指す

保健体育科教員の現役合格者数において全国有数の実績を誇る環境で学び、教育現場で必要とされる最新の専門知識や指導力、教員に求められる資質・能力を修得。文部科学省が定める実技17種目を受講でき、多彩な競技に精通した教員を目指すことができます。

学びのキーワード

  • スポーツ教育学
  • 体育科教育
  • 保健科教育
  • 健康教育
  • 体育実技指導
  • 課外活動
  • 生涯スポーツ
  • 体育・スポーツ心理学 など

履修モデル

学校教育モデル

保健体育科教員として学校教育のなかでスポーツを教育するための理論と実践を学修。教員免許状取得のために定められたカリキュラムに加え、学科独自の科目も履修することで、保健体育科教員として求められる資質と能力を身につけます。

生涯教育モデル

レクリエーションやスポーツ行政・政策、スポーツ経営に関わる科目など、より幅広い視点からスポーツ教育に関して学修し、生涯にわたるスポーツ教育を行う資質と能力を身につけます。

小学校教員免許への対応

小学校教諭免許状
取得プログラム

提携校の通信課程を履修・修得することで、卒業時に小学校教諭二種免許状を取得できます。中京大学で中学校および高等学校教職課程を履修するスポーツ健康科学科・スポーツ教育学科生が対象となります。(履修希望者のうち1年次の成績順に上位30名を選考)

提携校(玉川大学通信教育課程)の「通信課程」を履修

中京大学の「中学校および高等学校教諭一種免許状取得課程」を履修

小学校教諭二種
免許状取得

※提携校への学費など納付金が別途必要です。

※通信課程のみの受講は不可。単位修得状況によって卒業時に小学校教諭二種免許状を取得できない場合もあります。

保健体育科教員採用試験合格実績

2019年度中学校・高等学校保健体育科
教員採用試験合格者数(学部全体・既卒含む)
…73名
2019年度小学校教員採用試験合格者数(現役のみ)…28名

特徴的な授業

学校指導実習

大学近隣の小・中・高等学校と連携し、保健体育の授業と運動部活動での実習を行います。教育現場の様子や授業づくり、さまざまな部活動指導法を修得し、教師としての指導力の基礎を身につけます。

体育実技指導法

学校指導要領にある7運動領域(体つくり運動、器械運動、陸上競技、水泳、球技、武道、ダンス)の中から1種目を取り上げ、個人技能、集団的技能の特性や関わりを理解し専門的な指導方法を学修します。

17競技に対応

文部科学省(学習指導要領)が定める
実技17種目受講可能

文部科学省(学習指導要領)が定める実技17種目すべてを受講でき、子どもたちの心身の発達段階に応じた実技指導力、課外活動指導力を修得。子どもたちの未来を預けるにふさわしい指導力と教育力、そして確かな実技力をあわせもつ保健体育科教員の育成を目指します。

文部科学省指定実技競技

  • 【スポーツ実技A】…バレーボール/バスケットボール/サッカー/ソフトボール/ラグビー/ハンドボール
  • 【スポーツ実技B】…陸上競技トラック/陸上競技フィールド/器械運動/水泳
  • 【スポーツ実技C】…柔道/剣道/ダンス/体つくり運動
  • 【スポーツ実技D】…バドミントン/卓球/テニス

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube