総合政策学部

総合政策学科

総合政策プロジェクト研究

現実課題にチームで挑戦し、
実践的な問題解決能力を磨く

総合政策学部の最重要科目である「総合政策プロジェクト研究」は、産官学連携による商品開発や戦略企画、自治体・公共機関に対する政策提言など、実社会に存在する課題解決に挑戦します。研究テーマの設定からチームの編成、調査、分析、提案・提言まで一貫して学生が主体的に展開。社会の複雑さと向き合う中で、社会が求める主体性や課題解決の実践力を身につけます。また、年に1回学生主体でプロジェクト研究報告会を開催しています。各プロジェクト研究で進めてきた研究成果を、学生自身がプレゼンテーション形式で発表し、順位を競います。

※「総合政策プロジェクト研究」とは、一般的にゼミといわれる少人数制演習型のもので、特に一般的なゼミよりも能動的学修に傾注した授業です。(2年次から)

ビジネス戦略

企業が求める高い水準で
課題解決を目指す経験が
社会を生き抜く力に。

大手情報機器メーカーが保有する休眠特許を使った新商品企画や公益財団法人が運営するテーマパークの集客プランなど、連携先も内容もさまざま。企業への戦略提案等の実践を通じて、即戦力として活躍できる能力を磨きます。また、どのプロジェクト研究においても追求するのは、学生という立場に甘えることなく企業が求める高い水準で活動に取り組むこと。そのため、学生たちは何度も、「上手くいかなかった」「どうすれば良いか分からない」という経験をします。そうした中で、社会で求められる困難な課題も諦めることなく挑戦し続ける姿勢を身につけていきます。

公共政策

国や地域社会の課題と向き合い
知識を現実社会に活かす
思考習慣を身につける。

総合政策学部では、基礎、基幹科目を通じて経済学・経営学・法学・政治学など政策づくりに欠くことのできない社会科学の基礎知識を学んだ上で、プロジェクト研究に挑戦。環境・エネルギー・人口・人権・外交・治安対策など幅広いテーマの中から自分自身の興味と関心のある分野を選び出し、今日的な課題解決に立ち向かいます。自治体と連携したプロジェクトでは、机上の学問を現実の社会に照らし合わせながら、成果物として地域振興政策を具現化。高い理想を掲げ、幅広い知識と先端的手法を駆使して地域社会が抱える現実課題に対処できる人材の育成を目指します。

中部地域限定で販売された「中日ドラゴンズ」と「ブルボン」とのコラボ商品。そのパッケージにQRコードを付けることで、中日ドラゴンズのホームページへ誘導する販促手法を提案。QRコードを読み取ると、最新のドラゴンズ情報をその場で入手することができる。この取り組みは、新聞等メディアでも取り上げられた。

マーケティング実践授業の一環として行った取り組み。パン生地やパンに挟む具材、パッケージのデザインなどを考案し、山崎製パンの製品担当者と何度もディスカッションを重ね商品化を実現。完成した商品「ランチパック(梅じゃが&チーズ)」は、東海・北陸エリアの量販店やコンビニエンスストアで実際に発売された。

「中日ドラゴンズ」と「世界の山ちゃん」と、コラボ商品「もう手羽なせん味!ミニイカフライ」を開発。ナゴヤドームの集客アップを目的に、企画・提案し高い評価を受けた。量販店、駅売店、コンビニエンスストアなどで発売され、中日ドラゴンズの選手が実際に商品を食べている様子が新聞等メディアでも取り上げられた。

先進国の中で、女性の社会進出が遅れていると考えられている日本。愛知県庁への訪問インタビューで、県の制度や保障を調査。アメリカ・スウェーデンなどの欧米諸国と比較し、日本の制度がどのようなものになっているか、問題点を探りその実態を明らかにした。

岐阜県山県市に観光客を集める施策を提案。観光案内リーフレットと地元の特産品を使った商品(餃子、肉巻きおにぎり)を企画し、JR岐阜駅にて試食会を開催。餃子と肉巻きおにぎりは、各200個が予定時間よりもかなり早い時間に配布終了となり、当日来場していた山県市長からも称賛のコメントをいただいた。

井村屋の協力のもと、高大連携教育の一環として実現した取り組みで、三重県立四日市南高等学校と三重県立津西高等学校の2校と連携し、新商品の企画提案を行った。高校生と大学生がチームを組み、井村屋に対して「新しいアイスクリーム」をテーマに新商品を提案。それぞれのチームが新しい着眼点で企画し、高い評価を受けた。

富士通が保有している休眠特許(商品化されていない未使用の特許)を利用して、学生の発想力で新商品を考案し、自治体、豊川信用金庫と連携してものづくりの推進を目指す取り組み。学生たちはチームごとに約半年かけてアイデアを練り上げ、斎藤製菓へ企画商品の提案を行った。

豊田市内12の高校に通う高校生がさまざまなプログラムを通じて知識や技術を学び、得た知見を通学する高校で普及啓発して同世代の防火防災意識を幅広く向上させることを目的として設置された「豊田市高校生消防クラブ」。県内では初めての設置となる、その事業の運営に携わった。

第12回総合政策学部プロジェクト研究報告会を開催
(2018年度の内容です。)

「第12回総合政策学部プロジェクト研究報告会」が、[研究報告型]と[政策提案型]で日程を分けて、名古屋キャンパス清明ホールで開催されました。

[研究報告型]では5つのプロジェクト研究から6チームが出場。各チーム20分の発表時間が設けられ、学生や教員からコメントと質疑応答が行われた。

[政策提案型]では5チームが出場。各チーム10分の発表時間が設けられ、審査員による講評が行われた。

研究テーマ例

[研究報告型]

  • ウガンダへの農業支援 持続可能な農業を目指す
  • カンボジアの法整備支援
  • 女性労働と子育ての両立
  • 国際社会から見た死刑制度
  • 設楽町プロジェクト
  • ふるさと納税の課題に関する研究~総務省の介入は必要か~

[政策提案型]

  • 産学連携による地域活性化への挑戦
  • 相互に扶助し、助け合う社会を目指して
  • あらゆる依存症について~普段どのくらいスマホを使うのか検証~
  • 神奈川県横須賀市の空き家対策
  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube