経済学部

実践教育プログラム「EXP」

実践教育プログラム「EXP」

EXPは、将来の企業幹部および上級公務員などになる人材に求められる汎用的な能力(ジェネリック・スキル)の修得とリーディング企業への就職をサポートする実践教育プログラム。選抜制となる2年次~3年次の2年間では、キャリア設計とジェネリック・スキルの修得を有機的に組み合わせた授業が展開されます。

  • ※ジェネリック・スキル…創造的で柔軟性に富んだ思考や主体性、チームワーク力、コミュニケーション力、論理的思考力、リーダーシップ、自己管理力など、あらゆる職業を超えて活用できる汎用的な能力。

プログラムの特色

≪実践重視の民間企業活用プログラム≫

ビジネスベーシック科目は、民間企業の幹部社員研修で経験豊富な経営コンサルタントが、ビジネスの実践に直結した科目(ロジカルシンキング、戦略思考とコンセプト思考、プレゼンテーションとコミュニケーション)を展開。
キャリア・マネジメント科目では、就職に関する幅広い情報をもつ民間企業出身のキャリアカウンセラーが講師を務めます。

≪選抜制プログラム≫

1年次の取得単位および成績などにより、2年次のロジカルシンキングの受講者を選抜(最大200名)。さらに、戦略思考とコンセプト思考(最大80名)、プレゼンテーションとコミュニケーション(最大40名)と段階的に選抜していきます。また学内のキャリア支援課と連携し、受講生の就職活動を強力に支援します。

≪EXP受講者の主な就職先実績≫

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほフィナンシャルグループ、東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険、日本放送協会(NHK)、西日本旅客鉄道(JR西日本)、アイシン精機、アイシン・エィ・ダブリュ、大塚製薬、大日本印刷、積水ハウス、オリエンタルランド、JTB、ミキハウス、国税庁、経済産業省、愛知県庁、名古屋市役所 など

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube