経営学部

ビジネスリーダー養成
プログラム BLP

ビジネスリーダー養成プログラム
Business Leadership Development Program

ビジネスリーダーにとって必須の能力である、ロジカルシンキングや戦略思考、ビジネスコミュニケーションやコーチングなどを学び、その上で、少人数グループによるケーススタディーを繰り返し行いながら、プロジェクトマネジメント能力を身につけます。PBL型(問題解決型)授業によって、将来直面する課題に対し、リーダーシップを発揮して課題を解決する能力を身につけたビジネスパーソンを育成するプログラムです。

ストラテジックシンキング(1年次秋学期)

相手にとってわかりやすく、納得感のある論理を構築するための思考法(ロジカルシンキング)や戦略策定のフレームワーク(戦略的思考)を学びます。

コーチングコミュニケーション&リーダーシップ(2年次春学期)

組織のパフォーマンスを最大化するリーダーに必要なマインドや、メンバーの個性を引き出すためのコーチングスキルを学びます。

プロジェクトマネジメントケーススタディ(2年次秋学期)

ケーススタディを繰り返し、プロジェクトの進め方や交渉・説得などのスキルを学びながら、対人基礎力や対課題基礎力を高めます。

海外ビジネス研修(1年次夏季休暇 約2週間)

オーストラリア南クイーンズランド大学にて実施。語学プログラムに加えて、国際比較に基づく産業やビジネスに関するリサーチ活動を通じて幅広い視野と国際感覚を獲得します。

参加者:65名
※2019年度実績。

研修の特色

研修の特色01語学プログラム

語学クラス

1クラス15名のクラスを編成し、日常英会話と英語によるプレゼンテーション力、作文能力、リサーチスキルの修得を目的としたネイティブ教員(現地オーストラリアの高等教育機関の有資格者)による指導が行われます。

リサーチワーク

リサーチワークでは、少人数のグループに分かれ、産業やビジネスに関する研究テーマを設定した上で、実態を調査し、報告・発表します。これらの実践を通じて、語学と経営学を学ぶ上で重要なリサーチスキルを身につけます。

《研究テーマ例》
日本製品のオーストラリアでの販売
オーストラリア製品の日本での販売
オーストラリア経済(鉱業)等

研修の特色02アクティビティ

現地の施設を訪問したり、先住民のアボリジニの文化に触れるなどを通じて、これからのグローバルビジネスに必要な現地固有の文化の理解、さらには異文化コミュニケーションの重要性を体験します。

研修の特色03デイトリップ

現地の人たちとの交流を深めるため、休日を利用し参加者全員で、現地の主要な文化、豊富な自然、海、オーストラリア固有の動物等を巡るツアーを実施。翌日には、ホームステイ先のホストファミリーと1日を過ごす日も設定し、交流を通して、現地文化や風習、異文化に関する理解を深めます。

研修の特色04ホームステイ

現地の宿泊は、大学周辺の一般家庭に滞在し、ホストファミリーとの交流を通して現地の生活習慣や文化に対する理解を深めます。食事は3食とも提供され、大学への送迎は原則ホストの車による送迎ですが、場所によってはスクールバスや公共交通機関等での通学もあります。

研修の特色05事前研修(5・8月実施予定)

研修効果を高める事前トレーニングを実施。リサーチワークのテーマに関連したプロジェクト学習とレポートの作成などの事前研修を通して、授業に溶け込めるようトレーニングを行います。

※留学先・プログラム等は変更の可能性があります。

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube