在学生・卒業生の声

資格

公務員

名古屋市役所 内定

松田 華穂さん

法学部 4年

岐阜県立斐太高等学校 出身

取得資格:宅地建物取引士

努力する学生への手厚いサポートに感謝。

資格取得も公務員試験対策も充実。

公務員として働く父の姿を「格好いい」と思っていたことから、自然と公務員を目指すようになりました。インターネットの情報や取り寄せた大学案内等のパンフレットで「中京大学は公務員試験のサポートが手厚い」と知り、中京大学法学部に進学。早速、公務員試験の勉強にもつながるという宅地建物取引士の資格講座を受講して、難関とされる試験に合格。1年次後期からは公務員準備講座を受講し、その後、対策講座にシフトしました。
また中京大学法学部では、1年次からゼミがあります。ゼミの先輩とタテのつながりができるので、授業やテストの情報を聞いて勉強の参考にしました。法学部の授業では「刑法」に興味をもったほか、「民法」「憲法」「行政法」といった授業は、公務員採用試験対策講座の予習・復習にもなりました。私は1・2年次に卒業に必要な単位をほぼ取得できたので、3年次からは本格的に公務員試験対策に取り組んでいました。

同じ目標をもつ友人と共に勉強を続ける。

中京大学の公務員採用試験対策講座は、熱意あふれる先生方の指導で、評判通りの充実した内容です。私は、授業の空き時間なども使って講座の予習・復習に時間を割いていました。モチベーションを保つために、毎週の勉強時間をSNSで成績優秀な友人に報告し、サボらないように自らを律するなど独自の工夫をしました。講座の受講仲間同士で勉強を教え合うこともあり、この講座を通して友人の輪も広がったと感じています。もちろん、講座の先生も質問すると丁寧に教えてくださり、直前には予想問題を分析してくれました。また、2次面接の練習では、プロの目による厳しいチェックに基づいた的確なアドバイスを受けられます。キャリア支援課でも、面接練習・アドバイスを受ける機会がありました。2次面接の当日、「失敗したら…」と焦り、不安を覚えたのですが、面接アドバイスを思い出して自分を落ち着かせ、無事乗り切りました。
自分を信じて公務員になる夢を実現できたのは、学生をしっかり支えるサポート体制があったからです。卒業後は名古屋市職員として、住みやすい街づくりに貢献し、キャリアを積んでいきたいと思います。

2017年12月取材

このページを閉じる

  • ネット出願ガイダンス
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • LINE
  • youtube
  • youtube