在学生・卒業生の声

OBOG

岐阜県庁

山本 真奈都さん

総合政策学部 2015年3月卒

岐阜県立可児高等学校 出身

総合的なものの見方・考え方を身につけた4年間。

目標をもち、いずれ将来に活かせる学びを。

高校時代から「将来は公務員に」と考えており、「公務員採用試験対策に強い」といわれる中京大学への進学を決めました。総合政策学部を選んだのは、法律・経済・経営など枠にとらわれずに幅広く学べることに魅力を感じたからです。入学後は「憲法」や「民法」、「経済学」などの科目に関心をもったほか、特に「総合政策プロジェクト研究」には熱心に取り組みました。ホームレス問題や福祉問題について取り上げ、事例を調べて研究し、行政サービスを本当に必要とする方々の実情に触れることができました。「産業観光論」の授業では、その土地の地域特性と一般のニーズを考え合わせた集客プランを考えるなどしました。県の職員となり、学んだ知識は今後きっと活かしていけると思います。

県の行政に携わる立場として歩み続ける。

大学では、公務員採用試験対策にも力を入れていました。入学前からパンフレットやインターネットの情報を通じて公務員採用試験対策講座があることは知っていたので、入学後受講を開始。ここで知り合った講座の仲間たちとは、受験までずっと一緒に勉強し、互いに助け合ってきました。「同じ目標を掲げる仲間がいる」というのは、とても心強く、励まされるものです。また、資格センターの存在もありがたかったです。試験直前には面接練習や論文の指導も受けました。学生を支援する手厚いサポートがあるからこそ、公務員採用試験合格という自分の目標を達成することができたと思います。入庁当初は保健医療課で感染症対策などを担当し、3年目からは自動車税事務所に配属となりました。職員の給与計算や事務所全体の会計業務などに携わっています。県職員として今後も多様な業務に対応していくことでしょう。大学で総合的なものの見方・考え方を養ったことを私の強みとし、成長し続けます。

2017年6月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • facebook
  • LINE