在学生・卒業生の声

OBOG

花王カスタマーマーケティング株式会社

永汐 美紗さん

経営学部 2015年3月卒

岐阜県立可児高等学校 出身

花王カスタマーマーケティング株式会社とは…
花王カスタマーマーケティングは、花王の家庭用品・化粧品の販売会社であり、花王グループの中で最も「カスタマー(消費者と小売業)」に近く、消費者と流通業を最もよく知る企業として、「カスタマーに最大限の満足を提供」することを使命としている。また、花王と消費者をつなぐ“よきモノづくり”の最終段階という重要な役割も担っている。

やりたいことを学生生活で見つけ、
その先に将来が見えてきた。

元々ファッション系の専門学校へ行こうと決めていましたが、 高校3年の三者面談で「今すぐ進路を決めなくても、経営学部なら色んな視野がもてる」と先生からアドバイスをいただきました。 就職率の高さと、中京大学に通っていた部活の先輩の楽しそうな話を聞き、中京大学経営学部を受けることに決めました。経営学部では、英語に苦手意識がありながらも興味があったので、 外国人の先生による異文化交流について勉強できるゼミに入りました。そこでは名古屋市を案内する外国人向けのパンフレットを作り、学内の留学生に配るなど、積極的に英語に触れることができました。興味のあることにどんどん挑戦ができ、能動的に動ける環境が中京大学にはあると思います。

ありのままの私を出して内定をつかみ取った。

キャリア支援課が実施する業界研究セミナーや面接対策セミナーなどを受けながら、情報収集のため積極的に自分から先輩に色々な話を聞きました。私が当社を受けようと思ったのも、 当社へ入社した先輩の話がきっかけです。面接では、会社への “ 好き”の気持ちを、ありのままに出すことができました。これが結果的には内定につながったのだと思います。内定をいただいた後、私の話は全てに一貫して筋が通っていたことが評価されたと聞き、役員の方から改めて「うちの会社で働いて欲しいです」と言われた時は、自信につながりました。

働きながら見えてきた、次のやりたいこと。

入社して九州に配属され、ドラッグストアなどの店舗担当をしていました。毎日店舗に足を運び、商品を店内のより目立つ棚に置いてもらうため、担当者に商品の魅力を提案するのが主な仕事でした。そして、7月よりチェーンのドラッグストア本部の仕入れ担当者に新製品などを提案していく役割になりました。本部との商談なので、それ次第で半期の売上が左右され、今まで以上の緊張感もありますが、同時にやりがいのある仕事だと感じています。今後の目標は、マーケティング部で仕事をすること。 研究開発により生まれた商品を、私が現場で感じた商品への思いを反映しながら、もっとお客様に知ってもらいたい、受け取ってもらいたいと考えています。

2016年7月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • facebook
  • LINE