在学生・卒業生の声

学び

会計・財務分野

纐纈 来哉さん

経営学部 4年

愛知県立春日井南高等学校 出身

取得資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士

単なる「数字」で終わらせない。
それが、会計学の醍醐味。

将来は金融系の仕事をしたいと考え、選択したのは元銀行員の教員から学べる吉田ゼミ。ゼミでは、2年次の春学期に財務会計、3年次の春学期には管理会計について学びました。「財務会計」とは、株主や債権者、取引先などに会社の経営状態を知らせるもので、会社間で比較できるようにするため、作成にはルールがあります。一方、「管理会計」は企業内で経営管理に役立てるものであり、作成には決められたルールはありません。それまで簿記の授業などで経営の状態を「数字」として出すことは学んできましたが、その「数字」を企業経営にどう活かすのか。学科の授業やゼミを通して身につけてきた知識と多角的な視点を活かして、自分なりの視点や手法で読み解く力を養いました。

実社会を想定しながら、学びを深めていく。

また、2年次の秋学期には株式売買シミュレーションに挑戦。各グループで、実際に上場している企業から仮想資金を使ってバーチャルで株式投資を行いました。リスクを抑え、効率的に運用するためには、株価の動向はもちろん、企業の業績を分析することが不可欠です。いくつもの財務諸表と向き合うことで、企業会計がその会社の財務の現状を表すだけではなく、利益を生み出すために貢献しているものだと実感することができました。さらに、3年次にはビジネスゲームを通してマネジメントの基本を修得。仮想で工場を設立し、仕入れから製造・販売までの流れを体感することを通して、経営の管理サイクルを実践的に学びました。

学びの意欲に応えてくれる、充実した環境。

中京大学の経営学部には、多彩な専門分野の教員がいます。授業の選択肢も多く、幅広い分野から自分の学びたいテーマを選ぶことができます。将来像が具体的でなくても、学びを深めるうちに興味のあるテーマと出会えるはずです。また、中京大学は資格取得サポートも手厚く、さまざまな資格対策講座が開講されています。私は、2年次に学内の講座を利用して「2級ファイナンシャル・プランニング技能士」を取得しました。単位認定もされるので、モチベーションも高まります。今は、さらに上級のCFP®に挑戦中です。大学在学中に最上級の資格に挑戦したことは、大きな自信にもなりました。目指すのは、難しい知識をどんな方にも分かりやすく伝えられる金融マン。大学ではもちろん、社会に出てからも学び続け、成長していきたいです。

※CFP®
サーティファイド・ファイナンシャル・プランナー®(国際ライセンス)。

2017年1月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • facebook
  • LINE