在学生・卒業生の声

内定者

ヨネックス株式会社 内定

中垣内 優希さん

国際教養学部 4年

名古屋市立北高等学校 出身

取得資格:新HSK6級

充実した授業や留学生活を通して
“ひとつ上”の自分へと成長。

中京大学は本格的に外国語を学べる環境が整っており、国際交流に積極的だと感じたことから、国際教養学部への進学を決めました。学部では、中国語を専攻。授業は語学学習に留まらず歴史や文化、文学、経済ほか中国についての知識を幅広く身につけられる内容で、とても充実していました。しかも少人数なので、自然とクラスの仲が良くなり、毎日の授業が楽しく感じられました。また、学部の講義とは別に、国際課が全学生向けに開いている「毎日学べる英会話」を受講。実は英語はそれほど得意ではなかったのですが、この講座で生まれて初めて「英語が楽しい!」と思いました。

留学を通して自己アピール力を身につける。

2年次の秋学期には、学部のカリキュラムの一環として中国・蘇州大学に約4ヵ月のセメスター留学をしました。そこで接した中国人は友だち思いで優しく、日本人に対して好意的でした。ニュースなどで報じられる一般的な情報からはわからない「中国人の素顔」を知ることができたのは、留学したからこそです。3年次には、さらなる語学力向上のため、約1年にわたって上海外国語大学に留学しました。留学先では、外国人とのコミュニケーションの中で、いかに自分らしさを出すか、クラスの仲間に自分の存在感を示すかを意識する必要がありました。留学で身につけた自己アピール力は、就職活動の際、面接で人事の方に自分を印象づけるのに活かすことができたと思います。

中国語を活用して、今後さらなる活躍を。

中京大学では、中京大生のみを対象とする企業説明会や中京大学OB・OGの方々との交流会などの就職活動イベントが催されます。こうした機会にヨネックスで活躍する先輩から「当社は中国語を話せる人材を求めている」という情報を得たことが、エントリーのきっかけとなりました。ヨネックスの英語面接では、身だしなみや姿勢、声の大きさなど第一印象に気をつけて自己アピールできたこと、そして授業でのプレゼンテーションなど人前で話す機会が多かったため、堂々と話せたことが自信となり役立ちました。この先、仕事で成果を出すとともに、東京オリンピックに中国語の通訳として参加できるよう、中国語学学習を続けていきたいです。

※毎日学べる英会話

学部を問わず参加できる、1回40分のネイティブ講師による英会話講座。

フリーディスカッションなどの時間もある参加型の講座で、授業の空き時間を利用して英会話をスキルアップできる。

 

※新HSK
中国政府が公認する公的資格。1〜6級まであり、最上級の6級は「中国語の音声情報や文字情報を不自由なく理解することができ、自分の意見や見解を流暢な中国語で口頭または書面にて表現することができる」ことが求められる。

2016年10月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • facebook
  • LINE