在学生・卒業生の声

内定者

株式会社コーセー 内定

鈴木 真里亜さん

国際英語学部 4年

岡崎城西高等学校 出身

TOEIC®700点

取得資格:秘書検定準1級

  • 民間資格

幼い頃から憧れていた化粧品業界へ。そして、いつかは世界へ。

海外研修を通して成長し、就職活動に活かす。

大学生活を振り返ると、海外研修に行ったことの影響は大きいです。それによって私自身が成長できたからです。国際英語学科では1年次、2年次にそれぞれ、必修科目である海外研修があります。1年次のシンガポール研修では多国籍文化にふれ、海外に目を向けるようになって視野が広がりました。2年次のハワイ研修では、英語を使って人に何かを尋ねたり、人前で話すことに慣れ、コミュニケーション能力を身につけました。こうしたことは就職活動の面接の際に企業に評価され、採用試験に集まった学生間での情報交換にも大いに活かすことができました。また私は3年次の3月にロサンゼルスでの海外インターンシップ研修にも参加しました。現地の日系テレビ局で番組制作に携わり、職業意識を磨いた経験も就職活動の力になっていると思います。

早期から就職を意識し、目標を絞り込む。

一般には3年次の12月から就職活動を本格化させますが、かねてからアナウンサーに憧れていた私は、夏ごろから学内のキャリアセンターにいろいろ相談していました。最終的にはアナウンサーは断念しましたが、早期からエントリーシートの書き方や就職活動の心構えなどのアドバイスを受けたことは、その後の就職活動で役立ちました。マスコミ業界以外にももうひとつ、私が幼い頃から憧れていたのが化粧品業界です。学内セミナーで様々な業界の研究もしましたが、やはり化粧品業界が自分には合っていると考え、志望を絞り込みました。中でも第一希望の企業に内定し、嬉しく思っています。

さらに自己能力を高め、やがては世界へ。

自分も愛用する化粧品のイメージキャラクターを真似た髪型で面接に臨むなど、相手に印象づけながら自分を知ってもらう工夫や努力も内定につながる評価になっていると思います。採用試験で東京に行くために交通費や移動時間などの負担がかかるのは大変でしたが、自分で調べて計画を立て、一人でもどんどん行動できる力が備わりました。移動中には、見知らぬ土地の風景を楽しむ「旅心」も味わえました。
 望みどおりの就職ができた誇りを胸に、今後は社会人として仕事に取り組むことになります。まずは営業の仕事を通してユーザーや市場の動向をしっかり学び、成長したいと思います。将来的には英語力を活かして欧米市場に展開する新ブランドを立ち上げることが、私の夢であり目標です。

2011年7月取材

OBOG

株式会社コーセー

鈴木 真里亜さん

国際英語学部 2013年3月卒

岡崎城西高等学校 出身

TOEIC®700点

取得資格:秘書技能検定準1級/MOS

     教育職員免許状中学校教諭1種 外国語(英語)

     教育職員免許状高等学校教諭1種 外国語(英語)

株式会社コーセーとは・・・
化粧品の製造・販売を中心に行い、独自の高い付加価値をもつ高級化粧品を強みとする。アジア市場への参入も積極的に進め、現在は世界に10以上の海外現地法人を持つ。市場の多様なニーズにきめ細かく対応するため「コーセー」「インディヴィデュアル」の2ブランドを展開し、ドラッグストアから百貨店まで多様な販売チャネルを通じて商品を提供している。

憧れだった化粧品業界で、
学生時代に身につけた積極性を発揮して他をリード。

国際英語学部には、日本語禁制のラウンジL.S.Wing があり、友人や先生との会話などを通じて自然と英語力を高めることができました。また、アルバイトや海外旅行にも積極的に挑戦し、自由で有意義な大学生活を送れたと思います。その中で特に印象深いのは、海外研修です。多国籍文化に触れた1年次のシンガポール研修に始まり、2年次のハワイ研修では英語でのコミュニケーション能力を高めました。また、3年次にはロサンゼルスで海外インターンシップ研修に参加し、現地の日系テレビ局で働きました。インターンシップでは、インタビュアーを務め、積極的に前に出る重要性を知ることができたと思っています。こうした体験は就職活動で力となり、幼い頃からの目標のひとつであった化粧品業界に就職した現在も仕事に役立っています。

具体的な提案を、他社に先駆けて発信。

入社後は近畿支店に配属され、ドラッグストアの販売担当となりました。店頭に立つ美容スタッフたちの勤務スケジュールを組み、彼女たちの悩みを聞いて励ますこともあれば、お客様のニーズを肌で感じている彼女たちと共に売上アップのアイデアを出し合うこともあります。また、時には売場担当者や店長に直接、新商品のセールスなどの働きかけもしています。単に「この商品を置いてください!」と言っても相手は納得しません。直近の売上推移といった数値や、消費動向などを具体的に示した上での販売戦略が求められます。「どういう情報を出すのが効果的か」を考えながら資料をまとめ、他社に先駆けて提案できるよう意識して行動しています。

他を参考にしつつオリジナリティを発揮。

昨年は販売成績上位者として表彰され、アメリカ視察研修に参加しました。日本のドラッグストアでは様々なPOPで商品PRをしているのに対し、アメリカの化粧品売場はPOPが少なく、化粧品ブランドの世界観を表現する店頭づくりをしていたことが印象的でした。そのまま日本で導入はできませんが、将来のヒントになると触発されました。また現地では、英語力を発揮して一行の通訳も務めました。入社3年目となり後輩もできた今、彼らの成長をサポートしつつ、私自身は先輩の仕事を参考にオリジナルの方法で、さらなる売上アップを図ろうと考えています。今後も成長し続け、表彰を受け続けられるよう努めたいです。

 

 

※MOS
Microsoft Office Specialist エクセルやワードなどMicrosoft Office製品の操作スキルを証明する資格。

2015年6月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • facebook
  • LINE