在学生・卒業生の声

留学

海外課題研究
中国・蘇州大学

三宅 里佳さん

国際教養学部

岐阜県立関高等学校 出身

  • セメスター留学

行ってみて、ますます高まる中国への関心。

現地の空気を肌で感じ、体験を通して学ぶ現代中国。

これから国際社会で活躍しようと思ったら。やはり中国の存在は無視できないと考え、「英語+αの言語を身につけるなら、中国語を身につければ役に立つ」と考えて学部での選択言語を決めました。 留学先の蘇州大学では、基本的な授業は午前中の2コマ。世界各国からの留学生たちとリスニングやスピーキング、文法などの必修授業を受け、午後からは選択授業を受講したり、勉強の合間に有名な蘇州の庭園巡りなどをして充実した時間を過ごしていました。休日には超高層ビルが立ち並ぶ上海で「中国の今」を実感したり、北京へ観光旅行をして万里の長城に足を運んだり。寝台列車で黄山を目指し、山登りをしたことも今では大切な思い出です。

自己主張すること、相手の話に耳を傾けることの大切さを知る。

現実では初めての寮生活を体験。ルームメイトは韓国からの留学生で、中国留学をしながら韓国の文化にも接しました。寮生活では協調性や相手への気遣いが求められますが、気を遣いすぎると自分が疲れてしまいます。自己主張をしつつ相手の話を聞き、互いに折り合う技術を学びました。
一方、日常生活で接する地元の中国人たちは想像以上に自己主張が強く、慣れると私自身でも驚くぐらい、思ったことを相手に言えるようになりました。会話力もグンと伸び、先生に「よくここまで上達したね」と言われた時は嬉しかったです。

中国での体験や語学力をベースに、将来の目標を設定。

中国語を学び始めて1年半という早いタイミングで現地の言葉や生活に触れ、私はそれまで以上に中国語や中国という国に対して関心を持つようになりました。学び始めた以上は完璧に中国語をマスターしたいと思い、帰国後、個人的に上海出身の中国人の方にお願いをしてレッスンを受けました。帰国後にも目標を持って意欲的に学習に取り組めるのも、早期留学のメリットだと思います。中京大学には中国からの留学生もいて、日本にいながら中国人学生とふれあえるのは嬉しい限りです。
私は以前から旅行・航空関係の仕事に興味を持っていましたが、留学を経て。この思いを強くしました。今後、学内の講座を活用して旅行業務に関する資格を取得し、目標にアプローチしたいと思っています。

2011年5月取材

OBOG

全日本空輸株式会社

三宅 里佳さん

国際教養学部 2013年3月卒

岐阜県立関高等学校 出身

TOEIC®760点

取得資格:中国語検定試験3級/HSK4級/

     国内旅行業務取扱管理者

全日本空輸株式会社とは・・・
SKYTRAX社が運営するエアライン・スター・ランキングで2年連続最高評価「5スター」を獲得している大手航空会社である。1952年に社員28名が2機のヘリコプターでその歩みをスタートさせて以来、ANAグループは日本のエアライングループとして不断の挑戦を続けてきた。今後は、激化する航空業界の中でお客様に選ばれ、世界の航空業界をリードし続けられる確固たる地位を築くことを最重要課題としている。

学生時代に何かに集中して”やり遂げる”経験を。

国際教養学部では英語+選択言語の2言語と、歴史・文化などの教養を学ぶことで視野を広げることができます。私は中国語を選択し、蘇州大学へのセメスター留学を果たしました。語学力に加え、各国からの留学生との交流を通して、異文化を受け入れる心構えやコミュニケーション能力、積極的に踏み出す姿勢が身につきました。留学に対して周囲の反対もありましたが、自分の強い意志を貫いて良かったと思っています。自分で決めたことをやり遂げる経験は就職活動での自信となり、また社会に出てからの支えにもなったと思います。

「何が求められているか」をキャッチし、課題を解決。

現在、客室乗務員として1日約3回の国内線で機内サービス・保安業務などの仕事に従事しています。荷物の上げ下ろしやフライトに合わせた不規則な勤務時間など、決して楽な仕事ではありませんが、自ら志した道なだけに仕事が大好きな気持ちは入社当初から変わりません。初フライトの際にお客様から手渡された「これからも頑張って」と書かれたメッセージカードは、今も大切な宝物です。国内各路線の経験を積み、間もなく国際線フライトにも乗務する予定です。今後も課題を一つひとつクリアし、成長し続けたいと思います。

2014年7月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • facebook
  • LINE