在学生・卒業生の声

内定者

株式会社三井住友銀行 内定

上村 実佑さん

現代社会学部 4年

三重県立桑名高等学校 出身

取得資格:日商簿記検定2級

     ビジネス能力検定ジョブパス2級

     社会調査士(取得見込み)

  • 民間資格

学部の授業で学んだ知識をフルに活かしたプロジェクト。
ここで培った経験が自分を表現する力になる。

元々心理学に興味があり、「社会学」と「心理学」をバランスよく学び幅広い知識を身につけたいと、中京大学の現代社会学部への入学を志望しました。学部では主に集団に注目する社会調査と、個人に注目する心理を中心に実践的な2つの調査手法を学修しました。これらの学びは社会福祉士の資格の勉強にも活かすことができたと思います。実践的な内容が多いカリキュラムの中でも1番印象深いのは、「社会調査実習」のゼミです。ゼミでは、中日ドラゴンズとナゴヤドームの協力でスタートした「ドラゴンズ・プロジェクト」を2006年から行っており、実際に野球観戦に来たお客さんに大規模なアンケートを実施するこのゼミなら、直接多くの人に接しながら学ぶことができると思い、2年次から参加しました。

分析力を駆使して、次のステップへと展開していく。

「ドラゴンズ・プロジェクト」では、グループごとにテーマを決めて調査するため、3年次の私達のグループは「女性の集客」をテーマに、ナゴヤドームの観客約1000名を対象にアンケート調査を実施しました。アンケート結果の分析を繰り返し、最終的に野球観戦において女性を求めるものを3つに絞って、「SNSで選手の日常を公開する」などの具体案を提案することになりました。結果、提案が学内選考を通過し、球団事務所でプレゼンテーションをすることになった時は、チーム全員で喜び合いました。2年次にも一度球団事務所でのプレゼンテーションを経験しましたが、今回は私達が最年長としてグループを引っ張る立場。緊張感も責任感も前回の倍以上に感じましたが、社会で働かれている方の前で提案を行った経験は、社会人と臆せずに話す貴重な機会になりました。事前の発表シミュレーションで、下を向いて資料を読み上げるだけでは効果がないと痛感したため、事前に資料を読み込み、前を向いて話すことに注力しました。発表を聞いてくださる方に表情や感情を込めてプレゼンテーションする練習を繰り返したことで、“人に伝える”ことに重きをおいた発表ができたと思います。

球団事務所でのプレゼンテーションは、社会人への第一歩に。

就職活動では、ゼミでのプレゼンテーションの経験がとても力になり、面接でも自分を表現する話し方を工夫することができ、自信をもって臨めました。さらに、学内の就職支援制度も数多く活用しました。中でも、キャリアカウンセラーの方との面談は、履歴書の添削や就職活動に関するアドバイスをいただけて、自分では思いつかない意見を聞くことができ、とても役立ち、自身の成長に繋がったと感じています。
 私が就職する銀行では、商品が目に見えません。だからこそ、知識や人間力を活かせる場だと思います。大学生活で得た知識と経験を糧に、たくさんの人に商品の魅力が伝えていくことが目標です。仕事について勉強することはもちろん、多くの人と接するため豊富に話題が提供できるように今後も努力し続けます。

2015年11月取材

このページを閉じる

  • 資料請求 資料・送料共に無料
  • LINE@ 中京大学の入試情報をお伝えします

PAGE TOP

  • facebook
  • LINE